スポンサーリンク

【筋トレ】人の振り見て我が振り直せ

健康管理
スポンサーリンク

「人の振り見て我が振り直せ」って格言がありますよね。最近スポーツクラブで”我が振り”を直したことがあったのでご紹介しようかと思います。

筋トレでより重い重量を求めるのは男の性?

筋トレをしていると、より重いものを求めてしまうのは男性の性なんでしょうかね?

端から見ていたり、お話したりする限り、女性は無理に重量を上げていこうとすることは無いみたいなんですよね。

最近スポーツクラブで見かけたお年寄り(男性)

この間、スポーツクラブで70過ぎのお年寄りたちの間でこんな会話をしているのを聞きました。

ここに通い始める前は持ち上がらなかったんだけど、今は持ち上がるようになったぞ!

ほっほー頑張りましたな~

そのお年寄りが持ち上げていたのは30kgのダンベルでしたが、持ち方が無理やりというか、肩と腰を壊しそうな「なんとか手にぶら下げられている」といった感じで、見ていてヒヤヒヤしてしまいました。

その他にも、最近よく見かけるようになったお年寄りがいます。その方はベンチで10kgのダンベルフライだけをしに来きます。10㎏だとそれほど重くないと思うかもしれませんが、その方はお年寄りに良くあるようなガリガリに筋肉が落ちた体形をしているんですよね。

ダンベルベンチプレスなら上がるかもしれませんが、フライはきつそうだな~と見ていると、ほとんどダンベルを動かしてないんですよね(真上から角度にして10度位動かしてるかな?といった感じ)。ほとんど関節にしか負荷がかかってないんじゃないかと思うのですが、いつも満足げに去っていきます。

お年寄りでもより重いものを上げたくなる

こういうお年寄りをみると、ちょっと注意してあげたほうが良いのかな?といつも思います。

同時に、いくつになっても筋トレしていると、より重いものを上げたくなるんだな~と妙に感心してしまいました。

気持ちは分かるけど、怪我には気を付けて下さいね

上記のお話でも分かるかと思いますが、トレーニングしていると”より重いものを持ち上げたい”という気持ちが湧いてきます。恐らくこの気持ちは男性に多い感情だと思います。

女性で重すぎる重量のせいでフォームを崩している人って見たことないわね。

で、重量を無理に上げていくと、狙った筋肉だけでは上がらなくなるので他の筋肉も総動員してあげようとするからフォームが崩れるし、その結果関節に余計な負荷がかかってしまうことがあります。

肉離れなど、筋肉の怪我もしないに越したことはありませんが、関節は壊してしまったら治りませんから絶対壊さないように気を付けたいところですよね。

人の振り見て我が振り直せ

と、最近こういったことが続いたせいもあり、人のことを見て偉そうなことを考えていたりしていたんですが、ふと自分のことを振り返ってみました。

私は現在ダイエット中なので、重量をどんどん上げることはせず、現状維持を目指して筋トレしているのですが、その現状維持がきついんでしょうね。やはりフォームが崩れていました。

スクワットなんかはこれまでやっていた重量がかなりきつくなっていたのか、よくよく見るとパラレル(太ももが水平になるまでしゃがむこと)には程遠い状態でした。

いつもと同じ位置にセーフティをセットしていたのに、シャフトがセーフティの10cmも上で切り返していました。いつもはギリギリまでしゃがんでいたのに・・・

その他にもベンチプレスは胸までシャフトを下げていなかったり、色々おかしなところがところがありましたね。

まぁ関節に変な負荷がかかるようなフォームにはなっていなかったのが救いでした。

・・・と、ここまで書いてきて思い出しましたよ!

7月22日に同じようなことを書いてますね。私。

定期的に(3カ月に1度)フォームのチェックを・・・

前に書いた記事の結びは「定期的に重量を落としてフォームチェックを!」としていたのですが、3カ月で忘れていますね。

「定期的」という曖昧な基準ではなく、3カ月に1回は見直した方が良いと言い換えたほうが良いかもしれません。

筋トレをしている方は恐らく皆、こんなことを繰り返していると思います。

健康のためにやっているとしたら、それで怪我をするのは本末転倒です。気を付けましょうね。

★★★最後まで読んで頂き、ありがとうございます。この記事が役に立った、面白かったと思われたらランキングに投票をお願いします。★★★

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康管理
いけるか!?40後半からのセミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました