【詐欺注意!】世の中美味しい話はありません【内容保証協会?】

投資全般
スポンサーリンク

本日このブログに紐付けしているメールを久しぶりにチェックしたら、面白いメールが来ていました。一目で詐欺だと分かるような内容だったのですが、こんなのに引っかかる人が・・・いるからやってるんでしょうね。検索するとまだ注意喚起されている人も少ないみたいでしたので、一応記事にしておきます。

「国が認めた10倍募金」、「内容保証協会」なにそれ?

あまりメールが来ないので頻繁にはチェックしないのですが、今日久しぶりにこのブログに紐付けしているメールをチェックしたところ、10月10日付けで変なメールが来ていました。

ブログのネタを提供してくれてありがとうございます!

ちなみ、にこれは当ブログの問い合わせフォームに来たメールです。

変なメールの内容(詐欺注意!)

メールの件名:

メッセージ本文:
ブログ、ホームページへの記事の掲載で全員にもれなく10万円を進呈します。
リンクで全員にもれなく49.000円を進呈します。
ツイートで全員にもれなく18.000円を進呈します。

メールの件名からして変です。件名なのに「メッセージ本文:」という始まり方・・・(笑)

内容:

突然のメールで大変失礼いたします。
内容保証協会のキャンペーンをお知らせいたします。

内容保証協会は、下記の3つを基幹サービスとして運営しています。

1.公証役場的機能で、企業に不実告知がないことを証明する内容保証サービス

2.納付した募金の10倍が戻って来る、国が認めた10倍募金

3.悪徳業者から消費者を守るサービス

今回、紹介していただきたいサービスは、2の「国が認めた10倍募金」です。

10倍募金とは、下記のように、収めた募金が10倍になって戻って来る募金サービスです。

・1.800円コース→10倍後の募金収入18.000円
・4.900円コース→10倍後の募金収入49.000円
・10.000円コース→10倍後の募金収入100.000円

審査等はありませんので、記事の掲載、HPからのリンク、ツイートで、
全員にもれなく最高10万円を差し上げます。

基幹サービスとして2つほど足してあるけど、色々カモフラージュご苦労様。金額の3桁毎に振るのは「 , 」ですよ。

一応人の名前は転載するのを止めておきますが、差出人は女性の名前でした。

皆さんはこんなメールが来たらどうします?

そもそも開けないかもしれませんね。そういう意味ではブログの問い合わせフォームに送ってくるのは賢いのかもしれません(開いちゃいますからね)。

でも、内容はお粗末そのものですね~

単に募金したらその金額が10倍になって戻ってくるって・・・その裏でどういう仕組みになってるのかとか、そういったことを色々考えてもらわないと説得力が全くないです。

説得力のある儲け話を創作するのがお仕事なんじゃないですか?ちょっとお粗末すぎますよ。

その割にはしっかりしたHP作ってるのよね。

「内容保証協会」でググったら1番に出てきました。まぁ実在しない組織だから検索トップに出てくるんでしょうが、自分のブログの検索順位を1つでも上げようと色々やってる身としてはちょっと羨ましくもありました(笑)

こういうのって数打つと当たるもんなんですかね?

私は2年程前に会社を辞めていますが、金融業でしたのでたまに抜き打ちで「テスト詐欺メール」が飛んできました。開いたりすると後から怒られるってやつです。

そういった「テスト詐欺メール」は結構巧妙に作られています。それでもやはり怪しいので私は開けたことは無いんですが、社内ではやはり一定数開ける人がいました。

今回来た詐欺メールはそういった「テスト詐欺メール」に比べるとレベルはかなり低いのですが、何千、何万人に送り付けると何人かは引っかかるんでしょうね(だからやってるんでしょうし)。

でも、冷静に考えてみて下さい。

何もせずにお金が10倍になることがあるはずないでしょう?

こんなのに引っかかったら流石に同情してもらえませんよ。

世の中に絶対儲かるという話はありません

今回のメールはあからさま過ぎて笑っちゃうレベルですが、世の中にはもっと巧妙に考えられた説得力がある投資詐欺話は結構あります。

ただ、話の内容そのものは説得力があったとしても、「なんでその儲け話を自分に持ってくるの?」と自問自答すれば答えは出るはずです。

代表的なのは「絶対値上がりする未公開株を買いませんか?」といったやつですね。

絶対儲かる株を「何で自分に売ってくれるの?」、「自分で買った方が良くない?」と考えてみましょう。

世の中に「絶対に儲かる話(リスクの無い投資)」はありません。普通の投資ではどこかにリスクがあります。だから自分で買わずに売ってくるんです(当然詐欺ならリスクしかありません)。

色々報道され、周知されても無くならない詐欺

今回来た詐欺メールのようなものは次から次へと生み出されていくんでしょうね。

何故、手間暇かけてこんなことをする人がいるかといえば、当然引っかかる人がいて、お金が手に入るからですよね。

そういった意味ではアクセスが少ない、こんなブログでも注意喚起する意味は多少なりともあると思っています。

ただ、さんざん注意喚起され、テレビなんかでも幾度となく取り上げられている「オレオレ詐欺」は未だに引っかかっている人がいるようです。

多分日本人で「オレオレ詐欺」の手口を知らない人はいないんじゃないかってレベルだよね。

内容はかなり進化してるみたいだけど。

色々注意喚起をして、引っかかる人は減ってもゼロにはならない・・・だから詐欺は無くならない。といった所なのでしょうか?

皆さん気を付けて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました