【通販】コーヒーミル選定に失敗した話【失敗体験記】

セミリタイア生活

既に利用するのが当たり前のようになっているネット通販ですが、皆さんは利用するとき注意していることってありますか?私は最近こそ服までネット通販で買うことがあるのでサイズなんかを注意したりしますが、基本的に注意するポイントが少ないものを買うことが多いです。今日はそんなネット通販で失敗したお話を書きます。

今回得た教訓
  • ネット通販で物を買う時は、現物をなるべくリアルに想像して使い勝手が悪くないか考える(写真はプロが良く見せようとして撮っているから良く見えるのは当たり前)。
  • ユーザーレビューは参考にならないこともある
  • 生活雑貨に限定すれば、今まで使っているもので十分満足できているのであれば、買い換えるときも同じものを買った方が良い。

ネット通販でコーヒーミルを購入したら見事に失敗した話

今回私はコーヒーミルをネット通販で購入しました。

しかしあまりにも使い勝手が悪く、これを毎日使うことになるのかと思うとぞっとしたので、翌日また別のものを買いなおしました。値段についてはそれほど高価なものではないので、金銭的なダメージはなかったのですが、無駄な買い物をしたという後悔は当然あります。

今回はその失敗から学んだことを中心に記事にしました。

そもそもなんでコーヒーミルを買ったのか?

私は趣味と実益(節約)を兼ねてコーヒー豆を生豆から自分で焙煎してコーヒーを淹れています。なのでコーヒーミルは持っています。

コーヒーの焙煎については「セミリタイア生活と節約(コーヒー焙煎編)」に書いていますのでよろしければご覧ください。

コーヒー豆の焙煎では、浅く煎ると香りが良くなる(酸味も増す)ので、私は最近浅煎りにするのがマイブームになっていました(酸味が苦手なので、元々は深煎りが好きなんですが)。

ただ、煎り方が浅くなり過ぎる(生焼け)と、豆がとても固くなります。

女性だと具体的にイメージしにくいかもしれませんが、完全に乾燥しきった木をノコギリで切るのと、生木を切るので手応えが全然違うのと似ています。生焼けのコーヒー豆は単に「固い」というより、「固くて粘り気がある」といった感じですね。

で、この生焼けで固い豆を挽いている時に、元々使っていたコーヒーミルが壊れてしまったのです。

自分でコーヒー豆を焙煎するような私ですから、コーヒーは毎日飲みます。なので、コーヒーミルが壊れた時、すぐに別のものをネット通販で購入しました。

生活必需品を買いなおすときの選択

ネット通販がメジャーになり過ぎたのが原因かどうか分かりませんが、店舗で買えるマイナーな商品って減りましたよね。私の生活圏内でコーヒーミルを売っているお店は思いつきません。なので当然ネット通販で買うことになります。

そもそも生活雑貨を扱うような店って見かけないね

お洒落でお高いものなんかを扱う店なら都内に結構あるけどね

ここで何を買うか、具体的には「今まで使っていたものと同じものを買う」、「より良いものを求めて別のものを買ってみる」という2つの選択肢が出てきます。

ちなみに、元々使っていたコーヒーミルに問題点は全くなく、点数でいえば98点位の出来でした。ここであえて後2点の上積みを求めて他の商品を選択するべきか?なんですが、結果から言うとその2点を取りに行きました。

あと2点を取りにいって大失敗

買って失敗したミル(左)と買いなおしたミル(右)

で、この写真の左側のミルを新しく買ってみました(お値段1,880円也)。

始めて使った、というより見た感じがやたら小さいんですよね(本体の直系約4.5cm)。アマゾンの写真のイメージとはかなり違いました。今見返しても明らかに実物が小さい(この商品を手で握っている写真が載っているんですが、よほどモデルの手が小さいのか?)

容易に想像がつくと思いますが、ハンドルの半径(8cm)が短いから力が要るし、グリップ部分も小さいので握っている手が痛くなります(ハンドルがまっすぐなので、下方向に力が入らず、力を入れたときにハンドルが本体から外れやすいという欠点もありました)。

本体が小さいからコーヒー豆を入れるとき、こぼさず入れるのに神経も使いますし、一杯分の豆を入れて挽き始めると臼から弾かれた豆の圧力で蓋が外れて豆が飛び散るという事もありました。

豆の挽き具合を調節するつまみもカチッと固定されず、挽いてるうちにどんどん細かくなってきたりしました。

ちなみに、この商品はコーヒー1,2杯分と書かれていますが、写真の右側のミルでいう所の1杯分が一度に挽けません。

実用面で良い所が何にもない商品というのも結構珍しいものですね。1回使って嫌になりました。

アウトドアにも・・・って書いてあったし、小さいということが「売り」なのかもね

家で使うのはもちろん、アウトドアで使うにしてもこの程度の大きさの違いってそこまで付加価値があるかな?

商品レビューはいつも役に立つとは限らない

ちなみにこの商品、アマゾンのカスタマーレビュー160件の評価はかなり良いです。

このコーヒーミルのカスタマーレビュー160件の評価(2019年7月29日時点)
  • ★★★★★・・・83%
  • ★★★★・・・・6%
  • ★★★・・・・・4%
  • ★★・・・・・・2%
  • ★・・・・・・・5%

「使い勝手はいいと思う」、「大満足です!」、「欲しかった商品でした!!」、etc.

カスタマーレビューを見ると、え?私が異端なの?自分がおかしいのかな?と思えてしまう程、良いことしか書いていません。

かなり穿った見方だと思いますが、レビューで「欲しかった商品でした!!」ってなんか違和感のあるコメントですね。でも、このコメント色々な所で見るような気がするんですが・・・

まぁ一般的な日本人ってあまり公な場で否定的なコメントはしないですから、そういうコメントが少ないのはしょうがないのかもしれません。実際私も大失敗したと思ってますけど、カスタマーレビューに書き込もうとは思いませんし。

良いブログのネタが出来たとは思ったでしょ?

まぁ過度にレビューに頼るのは危険なことなんだな~と今回の一件から学べたのは良いことだったと思います(これまで失敗しなかったのは運が良かったからなのかな?)。

十分満足している品を買い換えるなら、同じものを購入しよう

で、結局これまで使っていたものを再購入しました(お値段2,103円也)。見事な二度手間です。

今回の件もあり、もっと良いものがあるのかもしれませんが、コーヒーミルについて私はもう一生この製品で良いかな?と考えています。

今回のことから学べた一番大きいことは、「今使っているもので十分満足できているのであれば、買い換えるときも同じものを買え」ということですね(生活雑貨限定で)。

ちなみに、私は自分で使っているもので人にもお勧めできると考えているものに関しては広告を貼っています。なので、こちらのものだけ貼っておきますね。

失敗した方の製品が気になる、もしくはそのレビューを見てみたいという方は、アマゾンにて「2019新型 Kitdine 手挽きコーヒーミル 1~2人分」で検索すれば出てくると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました