【3種の利回り】投資信託の利回り、配当利回り(最終利回り)、分配金利回りの違いに注意!

投資信託・ETF等

投資信託を選ぶ際の指標に「利回り」がありますが、一言で「利回り」といっても色々なものがあります。特にここ数年で定着しつつある「分配金利回り」は何種類かある「利回り」の中でも異端で、ファンドの実力を反映していません。投資信託を選ぶ際にはご注意を。

この記事のポイント

投資信託の説明などで出てくる

  • 利回り(騰落率)
  • 配当利回り、最終利回り
  • 分配金利回り

の違いをなるべく分かり易く解説します。

投資信託でいう「利回り」って何?

皆さんは「利回り」と聞いたら何を思いつきますか?多くの方は銀行預金などにつく「利子」の率(年率)を想像するのではないでしょうか?

しかし、投資信託の説明で出てくる「利回り」は何種類かあって、それぞれ意味が異なります。主に使われるのは「利回り」、「配当利回り(最終利回り)」、「分配金利回り」の3種類です。それぞれの意味を理解し、自分が注目したい利回りを見て投資信託を選ぶと良いかと思います。

ただ「利回り」というと「騰落率」を指すことが多い

投資信託に関して、単に「利回り」というと、その投資信託の「騰落率」を指すことが多いようです。”ようです”と曖昧な書き方をしたのには理由があって、「利回り」という言葉を「騰落率」という意味で使っているのは投資信託を解説するHPだけな気がするからです。

少なくとも私が金融業界に努めていた時には投資信託の「利回り」という言葉は使ったことがありません。

この「利回り」どういう風に使われているかというと、「投資信託の利回りとは?10%超えの投資方法をご紹介します」みたいなタイトルに使われていたりします(その他利回りランキングなども)。

ここである程度の金融知識があれば「10%超」で気付けると思います。ここでいってる「利回り」は「騰落率」のことだなと(その他「値上がり率」や「値下がり率」などと書かれていることもあります)。

では、「騰落率」とは何でしょうか?

投資信託の騰落率というと基準価額がどれだけ上がったか、下がったかを率にしたもので「分配金を再投資した基準」で算出されるのが一般的です。この「分配金再投資基準の騰落率」は何を含んだ騰落率なのかというと以下のようなものです(細かい例外的なものは列挙していません)

投資信託の「騰落率」に反映されているもの
  • 株や債券そのものの価格の上下
  • 株の配当金、債券の利金
  • 外国の有価証券に投資している投資信託であれば為替差益・差損
  • 通貨選択ファンドであれば為替ヘッジプレミアム、コスト
  • その投資信託の運用管理費用(信託報酬)

要するにその投資信託が投資している有価証券の価格変動要因などを全てひっくるめた上昇・下落率の数値になります。

先ほど、ある程度の金融知識があれば「10%超」で気付けるといったのは、今時投資信託のように分散投資しつつ10%超のリターンがでるのは、この「騰落率」以外ありえないからです。

この、株の値上がり益や為替差損益をすべて含んだ「騰落率」はファンドの真の実力を反映しているので色々な所で使われます。

「配当利回り(最終利回り)」は「騰落率」の一部

恐らくこの「配当利回り(最終利回り)」がほとんどの人が最初に思いつく「利回り」なんじゃないでしょうか?

この「配当利回り(最終利回り)」はその投資信託が投資している株式の配当利回りの平均値です(債券であれば投資している債券の最終利回りの平均値)。要するに株式などの価格変動などは考慮せず、その投資信託が投資している有価証券から年間どれだけの配当(利金)が入ってくるかという数値になります。

リートの個別銘柄それぞれが投資家に還元する利益は正式には「分配金」です。なので、リートに投資している投資信託の利回りは「分配金利回り」というのが正確なのですが、後で説明するものと混同されるので、「配当利回り」と呼んでいる会社が多いです。

この「配当利回り(最終利回り)」は投資信託のデータとして電子的に開示されていないので、販売会社などのHPでランキング形式で集計されることはありません。掲載されているのはその投資信託のマンスリーレポートなどになります(後にどの様に開示されているかを解説します)。

「分配金利回り」一番の異端児

「分配金利回り」という言葉はここ10年くらいで使われるようになった言葉かと思います。「分配金利回り」を理解する上で、分配金そのものの仕組みを知る必要があります。

分配金については「 「投資信託の分配金を当てにしてる方っていますか?」 にまとめています。是非お読みください。

簡単に言えば、その投資信託はどの位「分配金」を出しているかを表しています。ただ、「分配金」って極端に言えば運用会社が「〇円出す」と決めれば出せるんですよ。上に書いた「騰落率」や「配当利回り」とは一切関係なくです。

ちょっと前まで物凄く高い「分配金利回り」の投資信託があったよね。

明らかに投資家をミスリードするようにしていたわよね。

だから金融庁が怒ったんだよね。

金融は典型的な規制産業だから、お上の意向は絶対。だからあっという間に「高分配金利回り」ファンドってなくなったね。

「高分配利回り」の投資信託は「投資家に誤解を与える」と金融庁が懸念していることや、高分配を続けると基準価額が0円なることからそもそも長期間続けられない、といったことから近年は「騰落率」に近い率にしていることが多いです。

「騰落率」に近い数値にしているといっても、運用会社が勝手に決めた分配金から算出された率です。この数値を参考にして投資信託を選ぶのはナンセンスとしか言いようがありません。

ちなみにこの「分配金利回り」に意味が無いことを運用会社は知っています。なので資料の類にこの言葉は一切使いません。使っているのは銀行や証券会社といった販売会社ですね(一般の投資家を混乱させようとしているんでしょうか?)。

もし銀行窓口や証券会社窓口で「分配金利回り」が高いことを理由に投資信託を勧められたら、その営業マンは明らかに「分かってない人」ですので疑ってかかったほうが良いと思います。

分かってて勧めてきていたらもっと悪質よね。

どこに書いてあるの?

ではこれらの各種「利回り」ですが、どこを見ればいいのでしょうか?

実は調べるまで知らなかったんですが、私が取引しているネット証券にも「分配金利回りランキング」がありました(笑)

ここを起点に紹介しましょう。

あるネット証券会社の分配金利回りランキング

先月末までの1年間では「国際アジアリート通選ルピー毎月」というファンドが「分配金利回り」14.53% 赤で囲ってある所)でトップなのだそうです。

このファンドの詳細ページに飛びます(上の画面でファンド名称をクリック)

ファンドの詳細ページ

この販売会社のHPにはこんな感じで運用会社の月次レポート(マンスリーレポート)が張り付けてありました(赤く囲ってある所)。ここをクリックするとファンドのマンスリー・レポートに飛びます。

このファンドは通貨選択型なので一つのレポートに複数の通貨コースが出ています。その中からインド・ルピーコースを探します。

ファンドのマンスリーレポート(インドルピーコースのページ)

赤く囲ってある所が、このファンドの過去一年の「騰落率」です。注意書きに赤でアンダーラインを入れましたが、分配金再投資基準で算出している旨が書いてあります。このマンスリーレポートも5月末基準で作成されていますので、過去1年の期間は先ほどの分配金利回りを算出した期間と同じです。

でも「分配金利回り」が14.53%なのに対して「騰落率」は16.8%です。ちなみに「分配金利回り」の方が「騰落率」より高いと、分配金を出した後の基準価額はどんどん下がっていきます。最近はこうならないように「分配金利回り」を設定するのがトレンドのようです(数年前はやたらと「分配金利回り」が高いファンドが多かったです)。

さて、「配当利回り」はどこかというと、このファンド(通貨選択型)の場合、大元のマスターファンドについて書かれているページに書いてあります。

ファンドのマンスリーレポート(マスターファンドのぺージ)

ここには”実績”「配当利回り」が記載されています。株とかリートへ投資するファンドの場合、既に過去に出ている”実績”の「配当利回り」が書いてある場合と、企業が発表している”予想”「配当利回り」を記載している場合があります。債券の場合はデフォルトしなければ必ず出るので”予想”ではないですが、今後出る利金の利回りが書いてあります。

注意!
注意!

株価の値上がりを積極的に取っていくというコンセプトのファンドなどでは「配当利回り」を開示していないファンドもあります。

各種利回りの何をみるのか?

このファンドの各種利回りのまとめ
  • 騰落率(1年)=16.8%
  • 実績配当利回り=4.9%
  • 分配金利回り=14.53%

意味のない「分配金利回り」は無視するとして、この「騰落率」と「配当利回り」の意味するところから考えることはいくつかあると思います。

例えば、「配当を除いた騰落率が年率で11.9%(16.8%-4.9%)あるということは、価格変動や通貨の変動で結構リスクを取ったファンドなんだな」とか、「配当利回り(4.9%)がそこそこ高いから、長期で持てば通貨の変動なんかがあってもプラスは得られそうかな?」とかですね。

ほとんど意味のない「分配金利回り」の高低で投資信託を決めるのではなく、こういった点を見ると投資信託を見る目が肥えていくと思いますよ。

そもそも全く同じ投資信託で分配頻度が異なる(年1回や毎月など)ファンドの「分配金利回り」を計算してみて下さい。同じファンドなのに全く違う数値になるのが分かると思います。

それからいくつも例外はあると思いますが、基本的に資料の類は販売会社より運用会社のものの方がためになると思います。

販売会社と投資家の間には利益相反がありますので、変なバイアスがかかったような表現が散見されるように思えますね(分配金利回りは最たる例です。昔は分配金利回りがかなり高いファンドが多かった)。

この記事を書いた後で更に投資信託の分配金について記事を書きました。「【分配金に意味は無し】投資信託の分配金と預金の利息の違い」よろしければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました