スポンサーリンク

何日引き籠れるか?(セミリタイア生活のウィルス対策)

セミリタイア生活
スポンサーリンク

最近騒がれている新型肺炎(コロナウィルス)。とはいっても根本的な対策のしようがないし、ニュースを見ているだけという方も多いでしょう。ただ、セミリタイア生活では根本的な対策は可能です。今回はそんなことを考えてみました(不要であって欲しいものですが)。

新型肺炎(コロナウィルス)が騒がれていますが・・・

世の中では「新型肺炎」のニュースが大きく取沙汰されていますね。最悪のケースを想定すれば大騒ぎするのも当然とは思いますが・・・

ただ、私もSARSの時はサラリーマンでしたから覚えがあるのですが、一般庶民からすれば「そうはいってもそれだけで会社が休みになる訳でもないし、不安が増すだけだな~」って感じですよね。

予防策なんてマスクをするか、電車や会社で近くにいる人が咳をしている時にちょっと距離をあけるか位です(会議室とか満員電車だとそれもままなりませんが)。

自分で「対策」出来ることがほとんどないから、ニュースで大きく報道されてもなんか他人事みたいな感じなんですよね。

その結果、満員電車でマスクもせず咳をしている人とかがいたりする訳です。

まぁ「空気感染」の場合、マスクは意味が無いといわれているけど、気持ちの問題よね。

無職の「強み」はどこまで突き詰められる?

恐らく普通にお勤めの方には難しいでしょうが、こと「感染症対策」ということについては、「セミリタイア生活」の数少ないメリットが発揮されます。

というのも「セミリタイア生活」では当然通勤はしませんから通勤電車には乗りません。その他、多くの人がいるような場所に行くこともそれほどありません。

なので、こういった感染症から身を守ることがかなりのレベルで実施できます。

今回は「セミリタイア生活」ではどこまで感染症から身を守れるかを考えてみました(要するにどこまで引き籠れるかですね)。

「無職」で「引き籠り」・・・

セミリタイア生活では人が多くいる場所を回避することが可能

今回報道されている新型コロナウィルスは元々は獣から人に感染したとされていますが、今問題になっているのは「人」から「人」への感染です(ウィルスは感染の過程で変異するので、今後もどんな変化をするかは分かりません)。

なので、最大の予防策は「人と会わない」ことです。

「無職」の得意分野ね!

趣味で行く場所はキャンセル可能

私の場合、趣味でほぼ毎日スポーツクラブに通っています。私の日常生活の中で最も多くの人に接触する場です。

ただ、仕事と違って「行かない」という選択肢が容易に取れます。

恐らく「セミリタイア生活」をしている人の多くは同じように、いつも行く場所はあるけど、状況によっては行かなくても大丈夫という位のものしかないと思います。

要するに人との接触を避けようと思えば楽にできるってことですね。

<ちなみに・・・スポーツクラブは安全か?>

私は今回のような場合では無く、毎年流行するインフルエンザなどについてはスポーツクラブはあまり病気が感染する場所といったイメージを持っていません。

というのも体調が悪いと行かない場所なので、咳をしている人なんかを見かけることはほとんどないんですよね。また、この時期は暖房がかかっていて、みんな運動しているから湿度が高いです。だからインフルエンザが蔓延するような環境ではないと思っています。

更に、私と同じ平日午前中に来る人達は同じように無職のお年寄りですから、人との接触が元々少ない人達なんですよね。

今回のコロナウィルスは高温・多湿に弱いかどうかは分からないわよ。

備蓄で回避!食糧問題

「セミリタイア生活」をしていても、人との接触を回避するのが難しいのがスーパーになると思います。

私は完全自炊なので、少なくとも3日に1回はスーパーに買い出しに行きます。これは生きていくためには避けられない行動ですよね(自炊じゃなければコンビニとかレストランですかね?)。

これを避けるためには、「買い溜め」という手段があります。実際私は地震などの自然災害に備えてある程度の水や食料は家に備えていたりします。

確認!今ある食料で何日引き籠れるか?

今回は自然災害の様に、ある時突然ニュースで「新型ウィルスが日本でパンデミックを起こしたから外出しないように!」となった場合を想定し、今ある食料だけで何日引き籠れるかを確認してみます。

そもそも「そろそろヤバイ!」となっても生鮮食料品なんて3日分位しか貯えられませんから、対象は保存のきく食材に限定しました。

今ある食料は何日分?

とうわけで、ふと思いつきで書き始めた記事のネタの為にちょっと家にある保存が効きそうな食べ物をリスト化してみました。

<抜き打ちチェック!今ある保存食>

  • 米・・・約8kg(約53食分)
  • 小麦粉(強力粉)・・・1kg(食パン4斤分、24食分)
  • インスタントラーメン・・・13個
  • 冷凍うどん・・・4玉
  • スパゲッティ・・・600g(3食分)

合計73食分で約32日分でした(引き籠り可能日数)。

最近体調崩して買い物に行かずにインスタントラーメンで済ますことが多かったから、ラーメンの備蓄数が減ってるね。

ちなみに、栄養はプロテインとビタミン剤があるから何とかなりそうよ。

電気、ガス、水道といったインフラが止まるかもしれないといった想定の自然災害と違って、病気の流行だと、食料だけを考えればいいから楽ですね。

今回のチェックの結果、私は「今からすぐ」となったら、約1カ月も引き籠れることが分かりました。

パンデミックなんて経験したことが無いから十分な日数なのかは分かりません。ただ、少なくとも1カ月間も日本の活動が止まるなんてことは考えにくいですから、十分すぎる蓄えなんだと思います。

ホントに1カ月も引き籠るれるの?

大事にはならないでしょうが、考え、備えることは必要

過去に数度、今回のような新型ウィルス騒ぎがありました。でも基本的には大事にはなりませんでした(死者は出ていますが)。

何の根拠もありませんが、今回も基本的には同様の経過を辿るのではないかと私は考えています。しかし、自然災害と同じで「万が一」を想定してある程度の備えをしておくのは悪いことではないと思います(備えていても働いていると土日に引きこもるのが精一杯だとは思いますが)。

そもそも大事(パニック)になったら買い溜めが起こって物が無くなるリスクもあります。そうなっても困らないような備えはあるに越したことがなさそうです。

というわけで、スポーツクラブに行ってきます。

引き籠るんじゃないんかーい!

★★★最後まで読んで頂き、ありがとうございます。この記事が役に立った、面白かったと思われたらランキングに投票をお願いします。★★★

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
セミリタイア生活 セミリタイア生活について
いけるか!?40後半からのセミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました