スポンサーリンク

季節感が薄らいでる!?と感じる今日この頃(セミリタイア生活)

セミリタイア生活
スポンサーリンク

明確な四季があるというのが日本の特色の一つ・・・と言われています。少々地域限定のお話になってしまいますが、東京近辺で今の季節「冬」を明確に感じることって少なくないですか?セミリタイア生活をしていると働いていた時より季節を肌で感じることが多いと思うのですが、今年は「冬」を感じてないような気がしますね~

1年で最も寒い期間が「冬」ですが・・・

確かに1年で見れば一番寒いんだけど・・・

セミリタイア生活をしていると日中プラプラ出歩く機会も増えます。

私が今住んでいる場所は周りに多少の緑もあるので、木々が青々したり、紅葉したり、葉が落ちたりといった変化を目で見て、気温の変化を肌で感じて季節の移り変わりを認識しています。

働いていた時とは異なり、日付や曜日を気にすることが少ないので余計にこういったことで季節を感じるようになった気がします。

ただ、ふと考えるとちょっと変です。そう!ここ何年か「冬」を感じることが無くなってるんです。

寒く・・・ない「冬」

寒くなったら「鍋」。

私は秋口辺りから、寒くなったらどんな鍋をしようかな?なんて考えたりするのですが、ふと振り返ると今シーズンはほとんどやってないんですよね。

大体鍋をする日の流れって皆さんも変わらないと思うのですが、何日か寒い日が続いて「よーし、週末は鍋にするか~」みたいな流れですよね?

働いていない私の場合、何日も寒い日が続かなくても、1日寒ければその日は鍋って感じになるのですが・・・

寒いと感じる日が少ないからやってないのよね。

調べてみたら実際温かかった!

既に十分認識している所ではありますが、ネット時代って凄いですよね。調べると知りたい情報は大抵は出てきます。当然気温のデータなんていうものは気象庁が統計データを開示しています(結構昔からのデータがあるんですね)。

これをみると確かにここ数年(というよりもっと昔から)東京の気温は上昇傾向にあるみたいですね。特に最低気温がグラフを見ただけで分かるほど上がってきています。

地球温暖化といったスケールの話をするつもりはありません。そもそもあれはもっと長いスパンで語られるお話です。

それにしてもぱっと100年以上前の気温データが手に入るって考えてみたら凄い世の中よね。

そういえば薄着でいることが増えた?

数年前、もしくはもっと前の子供の頃を思い出すと、冬場って結構厚着をしていた記憶があります。ですが、最近家では暖房無しでスウェット上下のみ、外出時でもTシャツにパーカーを羽織っただけみたいな日が多いですね。

昔は真冬にそんな恰好で出歩いていた記憶ってあんまりないような気がします。そりゃ鍋をする回数も減るというものです。

そういえばコートってどうしたかな?

クリーニングの袋をかぶったまま数年放置されてるわよ。

季節ごとの風物詩は感じておきたいですね

まぁこの記事はなんとなく「最近鍋やってないな~」という所から来たただの日記みたいなものなんですが、やはり季節ごとの風物詩は感じておきたい所ですよね。

まぁ寒くて家から出たくないといった感じになるのも嫌ではありますが、その位寒い方が「冬」って感じがしますし、何より春が待ち遠しくもなりますよね。

そして何より美味しい「鍋」が食べたいんです!2月後半には寒くならないかな?

こんなつまらない記事じゃ申し訳ないからちょっとマイナーですが美味しい鍋のレシピを紹介するわ。

<御存じですか?担々鍋>

ちょっと前に流行ったからご存じの方も多いかもしれませんが、それほどメジャーなものでも無いと思います。簡単に言うと(日本風の)担々麺のスープで鍋をするというもの。

いつも量は適当なので材料のみご紹介します(ネットで調べるともっと色々な作り方が出てきます)。

  • 出汁(カツオや昆布より鶏ガラとか中華風のものの方が相性が良いと思います)
  • ゴマペースト(沢山いれた方がより坦々っぽくなります)
  • 豆板醤(量はお好みで)
  • 調味料(味噌メインで塩、醤油を加え味を調える)
  • 必須ではありませんが、生姜のしぼり汁を数滴隠し味で加えると味が締まります

具材は魚介類より豚肉とかの方が美味しいと思います(私は鶏の肉団子を入れたりします)。野菜はチンゲン菜とかの方が雰囲気は出ますが、普通に白菜と長ネギでも美味しいです。

この鍋の良い所は、豆板醤で体の芯から温まることと、〆に担々麺が造れるという所かな?

大人数でやると色んな出汁が出て美味しい担々麺が作れますよ。

★★★最後まで読んで頂き、ありがとうございます。この記事が役に立った、面白かったと思われたらランキングに投票をお願いします。★★★

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
セミリタイア生活 セミリタイア生活について
いけるか!?40後半からのセミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました