スポンサーリンク

【苦痛体験を有効活用!】株の含み損に耐えて得たもの(セミリタイア生活と節約)

セミリタイア生活
スポンサーリンク

前回は直近の株価大暴落にて長期に渡った株の含み損が一掃されたお話を書きました。その含み損は最大時ではかなりの額になったため、精神的にかなり苦しい思いをしました。ただ、その苦痛は別の所で有効活用することも出来ました。今回はそんなお話を書こうと思います。

株の含み損に耐え忍んだ時間、有効活用しないともったいない

前回の記事は、株の含み損を抱えてしまったきっかけや、そこから得られた教訓など、主に資産運用面にフォーカスしたものでした。

今回は、その時の生活面での変化について書いていきます。

前回の記事で書いた通り、私は自分のミスによって去年の秋から年末・年始にかけて、株で大きな含み損を抱えてしまいました。

運よくその損すべてを解消することが出来たのですが、約半年の間、とても暗い気持ちで日々を過ごしていました。

これはあくまでも現時点で損を全て取り返したから言えることだとは思いますが、この苦痛に満ちた期間も「全くの無駄ではなかった」と思っています。

お金が無くなったら真っ先にやること・・・節約ですよね?

年末には家が買えるほどの含み損を抱え、真面目に「年を越したら仕事を探そう」なんて考えるような状況に追い込まれていました。そんなストレスしか無い様な期間が何故「無駄ではなかった」と思えるのかといえば、その期間に得られたものもあったからです。

表題にも書いてありますが、この期間は色々節約が進みました。

自分でいうのもなんですが、私は自分に甘い人間ですから、本格的に追い込まれないと出来ないことがあったりします。

そういう意味ではこの「大きな含み損を抱えた期間」は私を本格的に追い込んでくれました。

ちなみに2019年の1,2月と2020年の1,2月に使ったお金を比較してみたらかなり節約が進んでいます。

最も大きかったものは・・・これから書くわよ。

止めたくても止められなかったパチンコ&パチスロを切り捨て!

最も大きな節約ができた項目がこれです。

無駄と分かっていても暇だと行っちゃうのよね。

やらない人は「何であんな煙くてうるさい所に何時間もいられるんだろう?」と思いますよね。

私もそう思います。

でも、あれって中毒性があるんですよ。一度ハマれば止めるのは結構難しいことです。

しかも、セミリタイア生活をしていると暇な時間が結構あります。だからついつい「ちょっと暇つぶし」みたいな感覚で行っちゃうんですよね(似たような理由でしょうが、平日昼間はお年寄りで一杯です)。

株で負けてストレスが溜まったら、そのストレスを解消するために更に行っちゃうんじゃないの?と思われるかもしれませんが、今回の含み損はそんな考えが起こるような半端なものではありませんでした(含み損が大きくなる前はそんな感じで行ってましたけどね)。

とても自然な流れですが、大きく資産を毀損したら人は真っ先に「節約」を考え、実施します。

私が使っていたお金の中で最も無駄と認識していたのに止めれらなかったものが、今回の件で結構あっさり辞めることが出来ました。

まぁまだ3カ月目だし、資産が戻ってきてるからここからが気の引き締め時よ。

<パチンコを止めた節約効果>

パチンコは勝ったり負けたりしますから、平均値を出しても自分ではピンとは来ません(勝った時の印象が残りやすいので)。

ただ記録を見ると、毎月だいたい5万円程負けていました。

これが無くなるのですからかなり大きな節約効果にはなりますね。

惰性で続けていたゲームを解約

私は30代前半からずっと続けているゲームがありました(FF11という所謂MMORPGです)。

初期の頃はとても楽しくて、猛烈にはまり込んだのですが、その楽しかった思い出のお陰でほとんどやらなくなっても自分のキャラデータを消去することが出来ませんでした(課金を止めれなかった)。

でも、いくら楽しかった思い出とはいえ、ずるずる課金するのは無駄以外の何物でもありません。

含み損が拡大しつつある中、約17年続けたゲームも課金を止めることにしました。

惰性でずっと課金し続けていたのを止めるきっかけにはなったわね。

<ゲームを止めた節約効果>

FF11は近年のソーシャルゲームによるあるような「ガチャ」による課金はありません。キャラ1人に付き月額いくらという制度です。

私は2つのアカウントを使っていましたので、毎月の料金は3,520円でした。

やっぱり定番!?食費を節約

節約といえば食費は外せませんね。

食費は他の記事に書いたから、ここでは簡潔にするわ。

やはりお金が厳しくなってくると最も簡単に削れそうな「食費」には目が向きますよね。

私も例外ではなく、食費を削ることにしました。ただ、極端に食べなくするとか、贅沢を一切排除するという所まではいかず、まずは調達コストを下げることを志向しました。

その辺りは別に記事を書きましたからそちらをご参照ください。

<食費の節約効果>

上記の参考記事に書きましたが、使ってるスーパーを切り替えることで食費を月に約4,700円程安く出来ました。

追いつめられたからこそできた節約・・・今後も継続しないともったいない!

決まった収入の無いセミリタイア生活をしていると、自然体でも色々節約はすることになります。というより私の場合は趣味のようになっています。ブログのネタにもなりますしね。

ただ、上記で取り上げたものの内、特に上2つに関しては今回の含み損で追いつめられたからこそできたものです。

好んで受けた苦痛ではありませんが、どうせならそんな苦痛の期間も有効活用しておきたいものです。というより有効活用しなかったら本当にただの苦痛な期間として無駄な時間を消費したことになってしまいます。

資産が回復した現在、特にパチンコやゲームを復活させたいな~という衝動は全く感じていませんが、この状態を維持していきたいですね。

まぁ当面パチンコの方はウィルスの脅威がそれを助けてくれそうね。

貴重な経験ですが、もうお腹いっぱいです

今回のお話は「資産が回復」した後、振り返ったらこうだったなというお話です。

当然積極的にもう一度あんな期間を過ごしたいとは思いませんし、回避するために全力を尽くしていこうと思っています。

前回の記事でその辺りの事は書いていますので、資産運用をしている皆さんは気を付けて下さいね。

★★★最後まで読んで頂き、ありがとうございます。この記事が役に立った、面白かったと思われたらランキングに投票をお願いします。★★★

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
セミリタイア生活 節約関連
いけるか!?40後半からのセミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました