スポンサーリンク

【影響拡大中!?】ちょっとづつ広がる休業の波

セミリタイア生活
スポンサーリンク

ウィルスの影響で引き籠りがちな生活が続いていることから、最近は運動不足解消の為に散歩をしています。なるべく人がいない所を歩くようにしているのですが、ずっと人と接触しない生活をしているせいか、やはり駅前などの人気のある所ものぞいてみたくなります。そして歩くたびに変化が見て取れたりします。

どんどん広がる休業の波

運動不足解消の為、最近は散歩を良くします。

膝が痛くなってジョギングが厳しくなったから歩いてます。

散歩をしていて気付く事

当初はそれほど長期に渡らないであろうと考えていたウィルスの影響ですが、まだまだ収まりそうにありません。

最初は収まるまで家で引き籠っていればいいだろうと思っていましたが、そうこうしている内に運動不足が心配になってきましたし、ずっと一人でいることにストレスも感じてきました。

ということで、最近はよく散歩(ウォーキング)をしています。

運動不足の解消だけを考えれば人気のない所を歩いた方が良いのでしょうが、人と会っていない寂しさからくるストレスの解消にはなりません。なので自然と駅前など多少人気のある所に足が向いてしまいます。

そうすると、毎回とは言いませんが結構変化が目に付きます。

休業している店舗がまた増えた!

前回は緊急事態宣言が出た翌日の4/8の街の様子について書きました。

その後もちょくちょく同じ通りを歩いているのですが、大きな変化はありませんでした。

ただ緊急事態宣言から1週間が経過した本日、同じ道を歩いていたら結構休業している店舗が増えていることに気が付きました。

一番目立ったのは不動産屋さんです。駅前に大小合わせると5,6軒ある不動産屋さんは全部休業していました。確か1週間前は普通にやっていたように記憶しているのですが・・・

で、次に意外だったのがパチンコ屋さん。1週間前は大規模資本のチェーン店は休業していましたが、小規模資本の店は普通にやっていました。ところが、今日見たらそちらも休業していました。

その他、前に見た時はほとんど休業していなかった飲食店が結構休業していましたし、クリーニング屋さんや床屋さんなんかも閉まっていました。

最近休業した企業は何故今なのか!?

恐らく緊急事態宣言の翌日から休業しているお店は営業を「自粛」したのでしょう。ただ、同じ業種でも対応は異なりました。

恐らく緊急事態宣言を受けてすぐに営業自粛したのは資金に余裕がある企業なのでしょう。余裕が無い企業は「自粛しなかった」のではなく、「自粛できなかった」という側面があったのではないかと思われます。

その余裕が無い企業が休業したというのは、お客が激減して「休業せざるを得ない」という状況まで追い詰められたのではないかとも見えるのです(そうだとすれば深刻な状況ですね)。

上で小規模資本のパチンコ屋さんも休業していたことが意外に感じたのはこういった理由です。

経済への影響はやはりかなり大きい?

今の所、ウィルス対策での営業自粛などは、すぐ解除されるという感じは全くしません。現に私が通っていたスポーツクラブは先週の時点で5月の頭までの休業を決めています。

余裕のある企業でも、休業が更に1週、2週と続いていけば経営が苦しくなるところも増えてくるでしょう。

今日気付いた小さな飲食店なんかはこのまま廃業しちゃうところもあるのではないかと感じました。

まぁ私が見て回った範囲は極々狭い範囲ではありますが、こういった悪影響は当然街の飲食店など弱い所から出てきます。私は既に働いていないので大きな企業の様子を肌で感じることは出来ませんが、当然徐々に影響を受けてくるものと考えられます(既に出ている所も多いとは思いますが)。

リーマンショックの時もそうでしたが、何故かこういうときって楽観論が先行するんですよね。今がそうであるように・・・

ただ、今後景気が悪くなるからそれに備えろと言われても、やれることは少ないわよね。

そういった意味では楽観論が先行するのは必然なのかもね。

★★★最後まで読んで頂き、ありがとうございます。この記事が役に立った、面白かったと思われたらランキングに投票をお願いします。★★★

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
セミリタイア生活 話題(主にウィルス関連)
いけるか!?40後半からのセミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました