運動習慣が大事だということを再確認した一日

健康管理
スポンサーリンク

ここ数日、ちょっと体調を崩してしまい5日程スポーツクラブに行くのをさぼってしまいました。今日は行くことが出来たのですが、6日振りともなると行くのが億劫に感じてしまいますね。でも、この現象ってちょっと考えると怖いことでもあります。

ちょっとした病気が大きな脅威になりかねない

ちょっとした病気で崩れかかった運動習慣

またやってしまったようです。ここ5日程、食当たりという程ではなかったのですが、お腹を壊していました。このお腹を壊したこと自体は症状も軽く、何でもなかったのですが、それに伴いスポーツクラブに行くのを止めていました(ほとんど家に引きこもっていました)。

お腹を壊している状態で重いものを持ち上げるのはリスクを伴いますので・・・

下手したらそのスポーツクラブに2度と顔出せなくなるかもだしね(笑)

そして今朝はもう何ともなく、起きた時点ではいつも通りスポーツクラブへ行こうと思っていました。しかし、朝食を取り、ネットでニュースなんかを見ている間に、行くのが面倒くさくなってきました。

「まだ体調が万全じゃないかも?」とか、「台風の影響で天気が急変したらやだな」とか、無理やり理由を付けていくのを止めようとする自分がいるんですよね。これいつもなら当たり前のことをするように、何も考えることなく出かける支度をしているんですよ。

たった5日間!

5日間いつもの生活パターンが出来なかっただけで、2年以上続けている習慣が崩れそうになりました。

今日は気合を入れ直してちゃんと行きましたよ。

いつもやってたことなのに、気合がいるのね。

もっと間があいてしまったら?

楽しいと思ってやっていたことなのに、ちょっと間をあけたら行くのが億劫になった。なんでなんでしょう?

やはり健康のためとはいえ、筋トレや水泳は体に負担がかかるものです。なので意識の外では「やりたくない」ものなんでしょうね。本能的にはゴロゴロしていたいんでしょう。

動物なんて用事が無ければ基本的に寝てるものね。

毎日続けていると惰性で続いているものが、いったん止まってしまうと再始動に力が必要になってしまう。運動の習慣を維持するって結構難しいことなのかもしれません。

今回はたった5日間あいただけだったので、ちょっと気合を入れるだけで元のレールに戻れました。

でも、これが1か月間の入院とかだったら・・・

更に歳を取って再始動に必要な気合が入らなくなったら・・・

小さなきっかけで健康は損なわれるもののようです

今回の私の話は小さな話ではありましたが、こういうきっかけで健康を維持するのに必要な運動をしなくなって次第に弱っていくということは良くあることのようです。

身近な所だと私の父親は、癌で最初に入院&手術をしたあと、すぐに退院したにもかかわらず、ほとんど歩かなくなってしまいました。まぁ実際辛かったんだとは思うのですが、歩かなくなれば体力はどんどん衰えていきます。その後も入退院を繰り返したんですが最後は寝たきりでしたね。

ネットで検索しても、ちょっとしたきっかけで歩かなくなり、寝たきりになる老人は多いようです。

歳をとったときは、歩くというのも結構な運動で、今の私にとっての筋トレとか水泳に該当する行為なのかもしれません。

何かで何日か歩かないことがあると、今回の事のように色々理由を付けて歩かなくなっちゃう?

廃用症候群

病気やケガなどの治療のため、長期間にわたって安静状態を継続することにより、身体能力の大幅な低下や精神状態に悪影響をもたらす症状を廃用症候群といいます。

廃用症候群の進行は速く、特に高齢者はその現象が顕著になります。1週間寝たままの状態を続けると、10~15%程度筋力が低下することもあります。

10~15%も筋力低下したら歩くのも億劫になるはずだよね。

歳を取ると1週間寝たままになるような病気は、病気そのものは治ったとしても命取りになることもありそうね。

結局健康のためには運動の継続が重要ということに

私は独身ですから、将来寝たきりになるというのは死に直結するリスクです。

それを回避するには、まず「長期間安静を必要とするような病気にならない」ことが重要ですね。多くの病気が運動不足と関連していると言われていますから、やはり運動は大事といえそうです。

実際私は運動を習慣付けた辺りから風邪とかいわゆる病気にはならなくなった気がします。

食あたりはしょっちゅうだけどね。

ただ、いくら運動していても病気になるリスクはゼロにはなりません。怪我をする可能性もありますしね。なので、病気の予防の次に必要なのは実際病気になってしまった時の備えですね。

そして、その備えにもやはり運動が必要になります。元々ある程度筋力があれば、多少安静にしていても歩けなくなるといったことにはならないでしょう。

今回の私のように歩けるだけの体力が残っているにもかかわらず、歩く気力が湧かないといった状態になってしまうと困るのですが、そうした時でも運動習慣が無いよりはあったほうが再始動へのハードルは低くなると思います。

ということで、今日は運動習慣の重要性を再確認した一日となりました。

みなさんは何か習慣的に運動をしていますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました