野菜が安い・・・けど

スポンサーリンク
セミリタイア生活

昨日スーパーで買い物していたら野菜の値段がなんか安いという事に気が付きました。これまであまり気に留めていなかったのですが、野菜価格って大きく変動するモノなんですね。といっても安いからといって買い溜めも出来ませんし、せいぜいたくさん食べるようにする位しかメリットを享受することは出来なさそうですが・・・

調べてみたら結構違った!?野菜の値段

最近暇だからちょっと手の込んだ料理なんかをちらほら作ってます。

そしたらあることに気付いたのよ。

野菜価格に異変!?

コロナの再流行で最近暇を持て余し、ちょっと手の込んだ料理を作ることが増えました。

基本的にセミリタイアしてからは3食全て自炊なのですが、これまでは肉や魚を買ってきて「ただ焼いただけ」みたいな料理も少なくありませんでした(まぁ短時間で調理できるから手抜きでもありますね)。

そんな料理が多い為か、私にとって「手の込んだ料理」というのは「野菜を多く使った料理」ということになります。

ということで最近はスーパーでも野菜売り場をうろつくことが多くなってきたのですが、昨日ちょっとした「異変」に気が付きました。

スーパーの野菜売り場で気付いた「異変」

昨日は久々に「餃子でも作るか」とキャベツを探していたのですが、いつもならあるはずの1/2や1/4にカットされたキャベツが見当たりません。私は独りなのでキャベツを丸ごと買うと処理しきれないから通常は1/2で購入します(それでも使い切るのは結構大変)。

たまたま売り切れたのかな?とも思ったのですが、キャベツの売り場にそんなスペースは無いんですよね。で、よくよくその丸ごとのキャベツの値段を見てみると59円(税別)でした。

野菜の値段なんか普段意識することもないので相場は頭に入っていませんでしたが、明らかに安いということは分かりました(確か1/2でその位の値段だったのでは?)。

安くなり過ぎたから1/2で売らなくなったんですかね?その他の野菜も安かったような気がします。

丸ごと買っちゃったから、餃子に加えて回鍋肉と焼きそばもメニューに追加したわ。

どうやら豊作&コロナで野菜の価格は低下しているらしい

不思議に思い、家に帰ってからネットで野菜の値段に関するニュースを検索してみました。

どうやらここの所天候が良く野菜が豊作(野菜で豊作って言葉を使いましたっけ?)だったようです。それに加えコロナの再流行によって外食が低迷し、野菜の需要が大きく減っていることが価格に影響しているみたいですね。

私はここ数年ほぼ外食をしていないのでよく分からなかったのですが、外食産業って野菜の需給バランスを崩すほどダメージを受けてるんですね。

野菜価格って結構変動してるんですね

「野菜価格高騰で主婦が悲鳴」とかその逆のニュアンスのニュースって年に何回か目にしますよね。

毎回見るたびに大袈裟なタイトルだな~と思いながらさらっと読む感じなんですが、実際どの位変動するモノなんでしょうか?ちょっと自分の家計簿を見てみました。

私の家計簿では野菜はあまり細かい情報までは書き込んでいないので、玉ねぎとかは何個入りでいくらだったかというのは遡れませんでした。ただキャベツだけは何故か1/2とか1/4といった情報を書いていたので正確にたどることが出来ました。

それによるとここ3年間でのキャベツ(1/2)の価格は32円~279円(税込み)と結構どころか物凄く大きく変動していることが分かりました(ちなみに最低価格の32円は昨日買ったキャベツの1/2換算価格です)。

ただ、大きく変動しているとはいえ、一般家庭では月に数個しか買わないようなものですし、インパクトはそれほど大きくは無いですよね(少なくとも主婦が悲鳴を上げることは無いでしょう)。

一般家庭で受ける影響は小さいでしょうが、農家や外食産業にとっては大きな影響がありそうですね。

物価統計で生鮮食料品が除外されている統計があるのは当然のことなのね。

どんなに安くても受けるメリットは・・・

という訳で現在野菜はかなり「お安い」状態にあるようです。

・・・といっても買い溜めできるものでもありませんし、せいぜい野菜を使った料理をたくさん作れば「ちょっとお得!?」といった程度のお話ですね。

株とかと違って「ここが底値」と分かったとしてもたくさん買って利益を得るなんてことは出来ないですし、受けるメリットは限定的ですね。

まぁ今後しばらくは鍋が多くなりそうね?(料理じゃないけど)

コメント