スポンサーリンク

ウォーキングとジョギングの違い(体感でのお話)

健康管理
スポンサーリンク

緊急事態宣言の関係で、引き籠りがちな生活を送らざるを得ない人が多いと思います。私も同様なのですが、そんな生活でたまったストレスや運動不足の解消の為、ジョギングやウォーキングをしてたりします。ところで、同じような運動の両者ですが、どのような違いがあるのでしょう?最近感じたことを書いてみます。

久しぶりにジョギングして感じたこと

残念ながら首都圏では昨日(5/21)の緊急事態宣言の解除は見送られました。

だから・・・という訳でもないのですが、昨日はいつもの散歩(ウォーキング)に加えて久しぶりにジョギングをしてみました。

毎日ウォーキングしてたからその延長線上で出来るだろうと思ってましたが、やはり久しぶりだときついですね。

運動不足などを解消するために最近やっていたこと

緊急事態宣言がでたのは4/8でした。ただ、その前から騒がれていたので私は3月初旬にはスポーツクラブ通いを止めていました。

ただ、完全に運動を止めてしまうのは精神衛生上よろしくないとの考えから、適当に体を動かしてはいます。

初期はジョギング

スポーツクラブに行くことが無くなったこと・・・というより外出自粛ムードによって家を出ることが減ったことが徐々に精神的な負担(ストレス)になりました。

更に外出自粛は長期化が予想されたので、運動不足の懸念も増してきました。

それらを解消するために私が実施したのは「ジョギング」でした。

幸い私は埼玉の郊外に住んでいるので、コースを選べばほとんど人とはすれ違いません。

記録を見返すと、3月中旬辺りから4月の中旬辺りまでの約1か月間は週に2,3回のペースでジョギングをしていました。

だいたい1回のジョギングで1時間、10km位走っていました。

ただ、ジョギングには問題点もあるのよ。

ジョギングからウォーキングへ移行

1カ月位は何日かに1回のジョギングを続けていたのですが、問題点がありました。

それは「毎日できない」ことでした。ホントの初期の頃は毎日走っていました。ですが、徐々に膝が痛くなってきて、このまま続けるとちょっと危ないかな?という感じになって来るんです(何年か前にこれで結構酷くなったことあり)。

元々若い頃から運動をしていたわけではないので、こういった所は弱いままなんでしょう。それに加えて外出自粛の影響で体重も増えていたのも原因かもしれません。

そもそも今回のジョギングの目的の一つは「外出による気分転換(ストレス解消)」です。なので毎日出来なければ意味がありません。外出自粛の長期化に伴い、何日かに1度のジョギングでは「ストレス解消」が徐々に間に合わなくなってきました。

そこで毎日できる「ウォーキング」に切り替えました。

ウォーキングは1回で約5km、1時間位で、1日に2,3回ってところです。

当然ジョギングより時間は多くなるわね。

疑問:ウォーキングって運動不足解消になってるの?

上記のような経緯でここ1カ月位はずっとウォーキングをしていました。

ウォーキングは毎日、しかも1日でも複数回してましたから、外出自粛からくるストレスの解消という面ではジョギングより優れていたと思います。

ただ最近、ふと疑問に思ったことがありました。

それは「ウォーキングって運動不足の解消になっているんだろうか?」ということです。

何故そんなことを思ったかというと、ウォーキングも当初は結構疲れる、それなりにハードな運動だと感じていたのに、最近は身体への負担感が全く感じられなくなったからです。

運動不足が解消できているかどうかって抽象的過ぎますね。

「運動不足の解消」=「体力が維持される」と言い換えて考えてみるわね。

ウォーキングでは「体力の維持」は難しい?

幸いこの1カ月では1日中雨という日は1日しかなく、ほぼ毎日ウォーキングは出来ていました(1日中晴れている時は2万歩程度、降ったり止んだりといった日でも1万歩程度)。

歩くスピードは東京駅なんかを歩いているサラリーマン位といえば想像しやすいですかね?

それ位だと結構きつくなるのよね。

ウォーキングでも体力の維持は可能?

それなりのスピードで、ある程度の距離を歩けば体への負荷もかかり、良い運動になります。今の季節なら晴れれば汗も結構かくことになります。

始めた当初は筋肉痛になったりもしましたので、体力を維持する程度の運動にはなっているんだろうと思っていました。

汗をかくと「良い運動した」って感じるわよね。

ジョギングと比べると違いは明白!?

ところが!昨日ふとした気まぐれでいつものウォーキングコースを走ってみました(距離は倍にしましたが)。

そうしたら走ってる時の呼吸が以前より激しくなっていて、明らかな衰えを感じました。本日は足のあちこちが筋肉痛になっています。

この辺りから考えると、それなりにハードにやっていてもウォーキングでは体力を維持するという効果は期待しにくいのかな?という感じですね。

少なくとも週に2,3回ジョギングしていた頃の体力は維持できてないようです。

もちろんどのレベルを維持するかによって異なります

もちろん「体力の維持」といってもどういったレベルで維持したいか?という前提次第で話は変わってくると思います。

私は元々スポーツクラブでほぼ毎日「筋トレ1時間、ジョギングか水泳を30分」という感じで身体を動かしていました。その体力を維持するのにウォーキングでは不足という感じなんだと思います。

一応現時点では6/1からスポーツクラブが再開される予定です。

少なくとも1時間の筋トレが出来る程度の体力には戻しておきたいわね。

ジョギング、ウォーキングのメリット・デメリット

ざっとここ2か月位で感じたことをまとめておきます。

<ジョギング>

体力の維持・向上という点ではやはりメリットがありそう。ただ、身体への負担が大きいので人によっては毎日出来ない。外出自粛のストレス解消という点ではウォーキングに一歩劣るか?

<ウォーキング>

運動負荷が低いので体力の向上には向かない。ただ、ある程度の体力維持は可能?(お年寄りには十分かもしれません)

毎日出来るし、ゆっくり風景も楽しめるので外出自粛のストレス解消にはジョギングより向いていると思います。

ジョギングを週2回で、それ以外の日をウォーキングするといった感じが良いのかも知れませんね。

スポーツクラブが再開されるまではそういう感じでやってみるわ。

そういえばダイエットは?

そうそう、ジョギング、ウォーキングといえば「ダイエット」を関連付けて考えている方も多いかと思います。

ただ、「体重の減少」、「体脂肪の減少」という事に関しては運動量より食事の量の方が遥に影響が大きいです。

なのでこの2か月間、私の体重はほぼ変化が無い(やや増加傾向)ですね。

流石にジョギング1時間とかだと800kcal程消費するのでそれなりの効果がありますが・・・

毎日出来ないし、運動するとご飯も美味しくなるからね~

★★★最後まで読んで頂き、ありがとうございます。この記事が役に立った、面白かったと思われたらランキングに投票をお願いします。★★★

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康管理
いけるか!?40後半からのセミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました