スポンサーリンク

他人の目を気にしない生活(セミリタイア生活のデメリット?)

セミリタイア生活
スポンサーリンク

多かれ少なかれ、人は「他人にどう見られているか?」というものを気にするものです。気にしているからこそ、例えば身なりを整えたり、理性的な行動を取ったりするのだと思います。では、他人の目を気にすることが少なくなってしまうとどういう変化があるのでしょうか?

他人の目を気にしない!?セミリタイア生活

セミリタイア生活って他人の目に晒されることが少ないよね。

ちょっと前に「それによって老けた?」って記事も書いたわね。

他人の目の役割

他人の目を「気にする」、「気にしない」という場合の「他人」って誰を指すのでしょうか?

「他人の目を気にして身なりを整える」という場合を考えても大きく2通りあるかと思います。

一つは全くの他人です。何の関りもなく、自分が何をしても何も言ってこないホントの他人。でも、そんな他人の目でもある程度は気にしているものです。「パジャマで外出しない」なんてそんな「他人の目」が気になるからですよね?

もう一つは他人といっても「知り合い」とか「顔見知り」といった人ですね。こういう人達には多かれ少なかれ「良く思われたい」という意識が働きます。身なりでいえば、「お洒落」とか「センスが良い」なんて思われたいですし、少なくともネガティブな印象を与えないように努めますよね。

前者の「他人の目」は常識を逸脱しない為の抑止力になっていますね。

後者の「他人の目」はより良い自分になるための牽制機能ともいえるわね。

コロナで加速!?他人の目の無い生活

世界的に猛威を振るっているコロナウィルス。日本では連日感染者数の報告がニュースになり、昨日(7/29)はついに全国の新規感染者数が過去最高を記録してしまいました。

世間では「Go To」キャンペーンとやらで旅行に出かけている人もいるようですが、私は実質「外出自粛」が継続しているものと認識しています。

まぁセミリタイア生活だと「外出自粛」が容易に出来ちゃうからやっているという側面も当然ありますが、連日スポーツクラブに行く以外は家の中にいるという生活が続いています。

元々少なかったですが、他人の目に晒されることがホントに減りました。

特に「知り合い」の方の他人の目ね。

人はどこまで自堕落になれるのか!?

「セミリタイア生活」+「実質外出自粛」によって私の身の回りには「他人の目」(特に知り合いの)が極端に減りました。

そうするとどうなるのか?

誰かに「良く思われたい」、「良く見られたい」という意識が無くなる、言い換えれば「より良い自分になる」という意識が薄れていくことになります。

意識が薄れればそれに伴い、行動もしなくなっていきます。

まぁ元々怠惰な性格の私に起こる特異な現象なのかもしれませんが、とにかく行動力、実行力が落ちました。一言でいえば自堕落になりました(笑)

自堕落になったな~と思う実例

「外出自粛期間」に強く思い始め、今でも感じているのが「孤独」です。

今回のお題である「他人の目」にも関連しますが、極端に他者とのコミュニケーションが不足すると人は不安を感じるようです。

という訳でちょっと前から「働こうかな?」と思っていました。

もちろんサラリーマンに戻ろうとは思っておらず、ちょっとしたアルバイトみたいなものが出来ないかと考えているのですが・・・

とにかく行動にうつせないんです。

履歴書(セミリタイアした直後にまとめてある)を書き直おそうと思ってから書き直すのに1週間以上。写真を撮るのに数日。プリントアウトするのにまたまた1週間もかかるなど、とにかく行動力が落ちました。

「今日はここまで進めよう」と思ったことが実行できないことが多いんです(履歴書を書き直してプリントアウトするなんて普通1日で出来ますよね?)。

取り合えず自分が「自堕落な生活に陥っている」ということが認識できているのは不幸中の幸いですかね?

やっぱり他人の目に晒される必要があるんじゃない?

自堕落な生活を是正するには・・・

「特に誰に見られる訳でもないからいい加減でいいや」

・・・と思って手を抜くことは誰にでもあるかと思います。

でも、生活の大半がそうなることは問題ですよね?実際私はそんな感じになりつつあるような気がしています。

この辺りは独身「セミリタイア生活」の弱点であるかもしれません(もちろん人によって環境は異なるとは思いますが)。

やはりある程度規律のある生活を過ごすためには「他人の目」は不可欠なもののような気がします。

そしてその「他人の目」に晒される環境は様々な手段で手に入るとは思いますが、最も簡単なのが「働くこと」なんでしょうね。

まぁまだこんなことを考えているだけなんですが、その内働き始めるかもしれません。

頻度によっては「セミリタイア生活」じゃなくなるかもね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました