スポンサーリンク

セミリタイア生活と雨

セミリタイア生活
スポンサーリンク

雨の日って何故か気分が滅入りますよね。調べてみると、気圧が低下することで自律神経系の調整が上手くいかなくなり、ストレスを感じるからだとかなんとか・・・恐らく働いている人から見ると気楽でストレスがほとんどないと思われる「セミリタイア生活」ですが、雨の日は結構憂鬱になりがちです。

セミリタイア生活にとっての雨の日

私の住んでいる埼玉県は今週末は土日共に雨の予報です。実際今日は朝起きた時から雨が降ってます。

大抵の方は雨の日って気分が下がると思うのですが、セミリタイア生活をしている私にとっては相対的にその下がり具合が大きいように思います。

セミリタイア生活の典型的な(雨の日の)1日

セミリタイア生活をしている私が雨の日をどう過ごすのかといえば、土日に限って言えばサラリーマンの時と大差ありません。

ほぼ家に引きこもってゲームをしているか、Youtubeやアニメを見ているか、外出してもパチンコでもするのが関の山といったところでしょう。

セミリタイアするしないはあまり関係ないかもしれませんが、とにかく晴れの日と比べると明らかに雨の日はやる気がでませんね。

雨の日は不安が頭をよぎることが多い

上記のように雨の日の行動自体はサラリーマンの時とあまり変わらないのですが、心の持ちようという面では結構違います。

というのも、以前他の記事でも書きましたが、セミリタイア生活というのは様々な面で不安定だからです。そして不安定だからこそ不安に思うことは多いのですが、そんなことを考えてしまうのは雨の日が多いですね。

<セミリタイア生活をしていてよぎる不安>

  • このまま死ぬまで普通の生活が維持できるだろうか?
  • お金が足りなくならないか?
  • やはりまだ普通に働いていた方が良いのではないか?
  • 今更何ができるんだろうか?

雨の日はすることが無いから?よくこんなことを考えてしまうわ。

私にとって週末の雨は最悪

ちなみに雨の日の憂鬱の原因は、(雨の日=)低気圧からくる自律神経系の不調からくるストレスが原因なのだとか。かなり微小な気圧の差を体は敏感に感じ取っているのでしょうか?

何となく満月の日(月から受ける引力が変化する?)は犯罪が増えるといった話と似た匂いを感じますが、実際雨の日はストレスフルですよね。出かける時は荷物(傘)が一つ増えますし、どんなに気を付けても服は濡れて気持ち悪いし、室内はジメジメしているしといった感じで。

なので、雨の日の憂鬱の解消法は一般的なストレス解消法と同じということになります。私の場合は「筋トレ」ですね。

やったことが無い人には分かりにくい感覚かも知れませんが、自分にとってかなり重いものを持ち上げるのって「無心」にならないと上がらないですし、それ故上げたときはスカッとするんですよ。

が、私は体を休める為と、スポーツクラブが混むという理由から土日はやらないことにしているんですよね。なので週末に雨が降ると上に書いたように家にずっと引きこもってたりします。

なので雨の週末は不安との闘いになります。

不安に負けた時にパチンコ屋さんに行ったりするのよね。負けると更にストレス溜まるの分かってるくせに。

相対的に考えると、太陽の力は偉大ですね

雨の日に気分が下がるといったことを考えていたら、晴れの日のありがたさが改めて身に染みました。

晴れている時ってそれが普通に感じてしまって、特にありがたみを感じることがありませんが、太陽が出ていることで得られるメリットって多いですよね。

晴れの日は心も晴れる

まず朝起きた時に晴れているとそれだけでスカッと気分が明るくなりますし、その日1日何をするかを考えたりして姿勢が前向きになります。

今みたいな冬場なら温かくもなりますし、布団干しや洗濯物も捗ります。

そして何より雨の日は色々考えこんでしまうような不安な気持ちが、天気が晴れるだけで端へ追いやられ気分も晴れるんですよね。

まあ気分が晴れても不安の根本的な原因は無くなりませんが・・・

考え込んでも解決しないのなら考えない方がいいじゃない。

セミリタイア生活では日当たりが良い部屋に住むことをお勧めします

前にセミリタイア生活をするなら都会か郊外かといった記事を書きました。

その中で「日当たり」が重要と書いたのはこういった理由があります。恐らく私以外でもセミリタイアしたら様々なことで不安に思うことが増えると思います。

セミリタイア生活をすると家にいる時間も増えますから、その長い時間に日が当たるか当たらないかで気の持ちようはかなり変わると思います(不安自体は無くなりませんが)。

と、こういうことをその記事に書き足したかったのですが、長くなりそうだったので別記事にしてみました。

働いている人にもある程度当てはまるお話かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました