スポンサーリンク

隣の芝生は青く見える!?(セミリタイア生活)

セミリタイア生活
スポンサーリンク

人は常に無いものねだりをするものです。といったことを前にも書いたことがあります。ただ、今回の非常事態宣言では色々考えさせられることも多く、改めてこういったことを書いておこうかと思いました。

いつ見ても青い隣の芝生が真っ青に!

芝生が「青い」ってニュアンスは分かるんだけど、このタイトルみたいに「真っ青」って書くと変ですね。

ちなみに過去に書いた似たような記事はこちらです。時間と共にどう心境が変わっているか興味がある方は見てみてね。

<セミリタイアして5か月位が経過した時の記事>

<セミリタイアしてから10カ月位が経過したときの記事>

今読み返すと、基本的にまだまだセミリタイア生活の方が新鮮で、何だかんだ楽しめてるって感じね。

今回はセミリタイアしてから2年3か月後の記事という事になります。

緊急事態宣言が本日解除される見通し!?

政府は本日(5/25)午前中に残った5つの都道府県に出している緊急事態宣言の解除を専門家に諮問するようです。まぁこんなニュースが出る位ですから、普通に解除になるのでしょう。

解除されたからといって本日から病気のリスクがいきなりゼロになるわけではありません。ただ、営業自粛していたお店などには朗報といえそうですね。

今回の緊急事態宣言が私に与えた影響

ところで、最近当ブログでもあまりネタがなかったもので、緊急事態宣言絡みのお話を連発していましたが、本当に今回の一件では考えさせられることが多かったです。

何に?といえば、今送っている「セミリタイア生活」についてです。

基本的には「無いものねだり」的な考え方がベースになっています。

「不安」を感じ、このままで大丈夫か?という思いが大きくなった

今まで漫然と過ごして来ましたが、やはり「セミリタイア生活」をしている人は社会では少数派です。不安を覚えた時、共感してくれる人は少ないです。

ただ、普通に生活している分には、これまで不安を覚えることはそれほど多くはありませんでした。また、多少不安になっても周りの人とお話なんかをすることで紛らわすことが出来ました。

ところがっ!今回の騒動では将来に対する「不安」が結構発生しました。そして、外出自粛により周りの人と話をする機会はほぼゼロになりました(これが不安の元でもあります)。

度々起こることじゃなさそうだけど、やはりマイノリティー故の不安定さがありますね。

このまま「セミリタイア生活」を続けるとこんなことはポツポツあるかも・・・という不安。

人生に目標や目的が無いことに気付く!

「人生の目標」なんて書くと大袈裟ですが、日常のちょっとしたことも含めて、人って何らかの目標や目的に向けて活動していますよね。

仕事だって「生活する」という目的の為にしている訳ですし。

目標・目的があってそれに向かって活動(努力)するって当たり前ですし、人生に張りを与えるものなんだと思います。

でも、私の「セミリタイア生活」にはそれがほとんど無いんですよね。

細かい所でいえば、筋トレで重量〇kgを持ち上げるといったことがあったのですが、外出自粛で出来なくなっています。

特にここ数カ月は人生に「張り」が無いと感じています。

一言でいえば「楽しくない」

ここ数カ月、有り余った時間で色々考えていると、ネガティブな事ばかりが頭に浮かびました。

まぁ経験上、時間が有り余ると自分はネガティブな思考に傾くことは分かっているつもりでしたが、今回はその時間が飛び切り長かったですからね。

で、一言でまとめれば、ここ数カ月の「セミリタイア生活」はまったく楽しくありませんでした。

まぁ自粛期間が楽しかった人も少ないと思いますが・・・

時間があると人って哲学的なことを考えるようになるのよね。

<暇と哲学といえば・・・>

哲学の発祥といえば古代ギリシアですね。

何故古代ギリシアで哲学が生まれたかというと、古代ギリシア人が「暇」だったからといわれています。一般的な古代ギリシャ市民は奴隷を所有しており、基本的な労働は奴隷に任せていた為、暇な時間が多かったのです。

昔から人の思考って変わってないのかも知れませんね。

逆にずっと議論されても結論が出ないものなのよね。哲学って。

また働いた方が良い?それともセミリタイア生活継続?

上記のようなことを考えていたら、セミリタイア生活を続けるより、また働いた方が良いのかも知れないな~とも思うようになりました。

ただ、一方で「現在は働いていないから、働いている人が羨ましく見えているだけかも」という考え方もあります。隣の芝は元々青いですが、今回の件で真っ青に見えているのは十分理解しているつもりですしね。

今日このまま緊急事態宣言が解除されれば、徐々に休業していた店舗などが再開していき、生活環境は徐々に戻っていくでしょう。

そうなった時にこの考え方がどうなるのか?自分でも興味のある所です。

まぁこんな環境ですから、「働こう!」と思っても仕事が無いかもしれませんけどね。

おまけ 青くなくなったセミリタイア生活の日常

本日もいつもと変わらず朝は散歩に出かけていたのですが、いつもの風景が続いていました。

こういった風景って、最初の頃はセミリタイア生活を送っているからこそ眺められる特別なものだな~なんて感激していたんですよね。

最初の頃は「青く」見えていた風景よ。

どうです?これでもメジャーな散歩、ジョギングコースなんですよ。当然日曜昼間とかはそれなりに人がいるんですが、平日の朝はこの通り誰もいません。

こんなところを散歩していると贅沢な気分に浸れるんですよ・・・最初の頃は(笑)

今は普通な風景になりましたね。

ただ、「働いた方が良いかも」と思えるようになっても、”満員電車”が青く見えることはないでしょうね。

それはずっと変わらないんじゃない?

コメント

タイトルとURLをコピーしました