スポンサーリンク

セミリタイア生活と節約(鶏むね肉の料理編)

セミリタイア生活
スポンサーリンク

あなたは「鶏のむね肉」と聞くと何を思い付きますか?何となくパサパサして美味しくない、ダイエットする時食べる肉・・・そんなイメージがある人も多いのではないでしょうか?というより私がそうだったんですが、ダイエットを無視すると結構コスパの良い料理が出来たりします。

材料が安ければ当然料理のコスパは上がる!

世の中には色んなお肉がありますが、簡単に入手できる範囲でいうと「鶏の胸肉」ほど安いものも無いでしょう。

家の近くだと100g50円位ね。

鶏むね肉は不味い!?

多くの人は日常の食事に「鶏むね肉」を取り入れることはあまり無いと思います。

ただ、私のように筋トレしていたり、もしくはダイエットしている人だと食事をなるべく高たんぱく・低脂質にするためにサラダチキンなんかにして食べているかもしれません。

どちらかというと「美味しいから食べる」というより「脂質を取り過ぎないために食べる」といった消極的な理由で食べる人が多いお肉と言えるんじゃないでしょうか?

そういう理由で食べる人は「焼く」、「揚げる」なんていう油を使う料理はせず、もっぱら「茹でる」、「蒸す」といったシンプルな食べ方になります。

そうするとやはり「パサパサしてる」、「美味しくない」という印象が付いてしまいます。

実際私もサラダチキンはよく作りますが、美味しいと思うことは無いですね。

だから需要も無くて安いんじゃないの?

発想の転換!ダイエットを無視した鶏むね肉料理

私も基本的に鶏むね肉はサラダチキンにして食べることが多く、鶏むね肉はパサパサして美味しくはないという印象を持っていました。つい最近までは・・・

どうしても「鶏むね肉」=「ダイエット」の図式が頭に残っていると、調理にも味付けにも油を使わない為にパサパサの料理しか出来上がりません。しかし、その考えを捨てると結構美味しいものが出来るんですよ。

という訳で今回は最近私がはまってる料理のご紹介です(と言ってもそんな珍しい料理ではありません)。

結構美味しい!鶏むね肉のフライ

鶏肉料理といえば真っ先に頭に浮かぶのは「唐揚げ」じゃないでしょうか?

家で作る時は基本的に「もも肉」だと思いますが、外で食べると「むね肉」の唐揚げが出てくることもありますよね。ただ、唐揚げに関して言えば個人的には圧倒的に「もも肉」の方が美味しいと思います。

でも、同じ揚げ物でも「フライ」にするとその美味しさは逆転します(これも私の好みですが)。

チキンカツも外で食べると「もも肉」が多いと思いますが、「もも肉」って皮が付いてるから衣がはがれやすいし、第一ちょっと脂っこすぎる感じがするんですよね。

その点「むね肉」って皮が無く、肉自体には脂が少ないからフライにすると良い感じなんです。

まぁ作り方は単なるフライなのでわざわざ説明するまでもありませんが、写真も取ってあるのでざっとご紹介すると・・・

カット&衣付け

鶏むね肉は皮を取って、中央部分で半分に切ると、残りは豚のひれ肉のような形になります。

それをスライスすれば写真のように一口カツの様な形状にできます(さっと塩コショウします)。

それに小麦粉⇒溶き卵⇒パン粉の順に衣をつければ完成です。

この形状にすると食べやすくなるし、すぐ下で出てきますが使う油の量が少なくて済みます。

油で揚げる

揚げ物は油の始末が面倒くさいという方も多いでしょう。私もそうです。

なのでフライパンにフライが半分浸る位の油を入れて揚げていきます(片面づつ揚げる)。

こうすると処理する油の量は激減します。

弱点は多く作れちゃうこと!?

鶏むね肉って安いからでしょうか?基本的に丸ごと売ってますよね?(重さにすると大体300g位)

なので一度に300g以上のフライが出来てしまいます。

味は豚のヒレカツを更にあっさりさせたような感じになります。

あっさり味とはいえ、揚げ物を1度に300gか~太りそうね。

鶏むね肉のフライのコストパフォーマンスは?

上の写真にある「鶏むね肉のフライ」約300gの材料費を計算すると以下のように大体300円位になります。

私の場合一人で食べちゃいますが、普通なら2人分といった所でしょうか?

<鶏むね肉フライの材料費(税込み)>

  • 鶏むね肉(333g)・・・172円
  • 塩コショウ・・・7円
  • 小麦粉(50g)・・・14円
  • タマゴ(1個)・・・16円
  • パン粉(50g)・・・30円
  • 油(200g)・・・60円

合計:299円

鶏肉以外の分量はざっくり計算してるからね。

このコストでこの味が作れるなら十分コスパが高いと言えると思います。

月に何度かつくると食費がずいぶん改善するんじゃないかしら?

ただし、作り過ぎにはご注意を!

今回ご紹介した「鶏むね肉のフライ」、恐らく大抵の人は美味しいと感じてくれると思います。

で、材料費も安いから頻繁に作るようになる・・・と怖いのはカロリーですね。

上にも書きましたが、鶏むね肉って売ってる単位が大きいから一度にできる量も多くなりがちです(独り暮らしだと特に)。しかも鶏むね自体は低カロリーでも揚げ物ですからね。

食べ過ぎには注意して下さい。

実は私、この料理のコスパが高いことに気付いた直後は週1で作ってました。

で、結構太ったのよね。

★★★最後まで読んで頂き、ありがとうございます。この記事が役に立った、面白かったと思われたらランキングに投票をお願いします。★★★

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
セミリタイア生活 節約関連
いけるか!?40後半からのセミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました