【週末の風物詩】山口市で週末を感じさせるモノ!?

セミリタイア生活

セミリタイアすると曜日の感覚を失いがちです。かろうじてゴミの日を意識する関係で何とか感覚を維持してはいますが、それ以外で曜日(特に土日)を感じることはありません。そんな中、ここ山口市で週末を感じさせてくれる風物詩を発見しました。

山口市の週末の風物詩

セミリタイアして無職になると曜日を気にすることがほぼ無くなります。

普段気にするのってゴミの日位かな?

地方ならでは?週末を感じる時

早いもので私がセミリタイアしてから4年が経とうとしています。

最初の頃はちょっと特殊な生活をしているという感覚もありましたが、数カ月もするとそれが普通になってきます。かつては「おかしなこと」と感じたであろうことについても、何の疑問も持たなくなってくるといったことは多々あったりします。

その代表格が「曜日の感覚」です。

働いていないとホント曜日が分からなくなりますね(TVが無い事も影響していますが)。かろうじてゴミを出す日を確認する時に曜日を思い出すという具合です。

ただ、地方に移り住んでからはこれに加えていくつかの目安のようなものが追加されました。

一つは近所に止まってる車ですね。多くの人は車で通勤していますから、家の近所に沢山車が止まってると「ああ、今日は休日か~」なんて思い出したりします。

これは地方ならではって感じかしらね。

山口市ならでは?週末を感じる時

寒くなって来ると遠くの音が聞こえてくるようになりますよね?(一応科学的な理由もあります)

そんなこともあって1,2カ月前から気になっていたのですが、遠くから汽笛の音が聞こえてくるようになりました。実際本物の音は聞いたことがありませんでしたが、TVやアニメで聞き覚えのあるあの音は・・・

ネットで調べてその正体は分かったのですが、なかなか見に行くまでには至りませんでした。

そして本日、ようやく重い腰を上げて見に行ってきました。

そう、汽笛の正体は蒸気機関車です。

この汽車は土日のみ新山口駅と津和野駅を1往復づつしているようです。

近くで見ると煙は結構激しいんですね(無くなっていったのも納得です)。

線路沿いに住んでいたら、汽笛に加えて煙の匂いでも週末が感じられそうです。

ちなみにこの列車(SL「やまぐち」号)は大人気の様で、かなり先まで予約は一杯でした。

最近は汽笛で週末を感じますね~

山口市ならではの週末の感じ方よね。

コメント