セミリタイアする前にしたこと(コミュニケーション編)

セミリタイア生活

今回はセミリタイアする前にしたことというとちょっと語弊が出てしまいます。意識せずにやっていたけど「振り返るとやってて良かったと思うこと」、もしくは「もっとやっておけば良かった」ということになります。

セミリタイアすると人とのコミュニケーションが激減します

リタイアされていない方も容易に想像がつくと思いますが、サラリーマンが会社を辞めると人とのコミュニケーションが劇的に減ります。私の場合、気付けば2,3日誰とも話してないな~なんてことは結構ざらにあります。

元々それ程社交的ではない私は1週間位誰とも話さなくても負担に思うことはないのですが、さすがに1カ月とかになると大きなストレスを感じると思います。

流石に1週間以上人と話さないという状態になったことはありませんが・・・

ただ、「1週間位人と話さなくても平気」といっても、それに株式投資の失敗など精神的ショックが重なったりすると一気にストレスを感じるということはありました。

株式投資の失敗なんかでも、その失敗談を人に話すとかなりストレス解消になるわよね。

セミリタイアしているとそういうストレス解消法は取りにくいね。

まぁ当たり前のことですが人とのコミュニケーションは大事なので「途切れさせないようにする」もしくは「作り続けていく」必要があります。

元々会社外で様々なコミュニティに属しているような方はあまり関係ない話かもしれません。

様々なコミュニティ作りがお勧め

コミュニケーションは大事といっても、それなりの歳になるといきなり友達はできませんよね。なのでそれなりの準備や努力をする必要が出てきます。

セミリタイアしてから始めるより、働いている時にやったほうが楽だし、セミリタイアするにあたって不安が一つ減ることになります。

元同僚とのコミュニティ

最近の若い人はあまり会社帰りにお酒を飲みに行くことはないみたいですが、私は世代的に会社帰りに上司や同僚、後輩と飲みに行くことが多かったし好きでした。

その中でも良く飲むグループがいくつかありました(幹事をして定期的に飲むようにしたグループもあります)。

この辺はあまりセミリタイアを意識しての行動ではなかったのですが、この何個かのグループで今でも定期、不定期に集まるので1カ月誰とも話さないという状況は回避できています(私は数回転職をしているので、それぞれの会社にいくつかあるといった感じです)。

当然飲み仲間ではなく、もっと健康的なサークルなんかでも良いと思いますが、私にとっては飲み仲間が一番作りやすかったという感じです。

まぁ一般的にも会社内なら一番作りやすいのは飲み仲間なんじゃないですかね?

ただ、そういったグループも一生続くという訳でもないでしょうし、もう少し多く作れていれば良かったかなとは思ってます

会社以外のコミュニティへの参加も大事

サラリーマンって良くも悪くも会社が中心の生活になっていますよね。だからセミリタイアを視野に入れたとき何かの「コミュニティ」が必要と思ったら、まず社内に目が行きます。私の場合セミリタイアを視野に入れていた訳ではないのですが、結果としてそうでした。

ただ、やはり人間関係というのは密度が低くければ壊れやすいのも事実。会社で出来たコミュニティが全てずっと継続するかといえば難しいのではないかと思います。

大人になってからできた交友関係って維持しようと努めないと簡単に途切れますよね。

なので社外でも何らかのコミュニティを作る、入るということは必要になってきます(趣味とか、ボランティアとかですね)。

私もそうですし、周りを見ていてもそうですが、こういうことって女性より男性が圧倒的に下手、というか奥手です(年を取るとこの傾向は強くなります)。

なのでなるべく若い内に社外でも何らかの活動に参加したりしてコミュニティに入っていくことをお勧めします

趣味・習い事なんかが一般的よね。

まぁ会社を辞めた後でも必要に迫られれば何らかのコミュニティに入っていくことになると思います。でも、事前にある程度目途が立つと安心することはできると思います。

私は会社を辞めた後にスポーツクラブで筋トレ仲間に溶け込んでいきました。

同じことに打ち込んでる人とは会話もしやすいしね。

それなりのコミュニケーションを取っていこうとするなら、その分野の知識を予めネットなどで頭に入れておくと良いと思います。

当たり前の話かもしれないけど、人間は一人じゃ生きていけません。孤独によるストレスは会社での人間関係のストレスに勝るとも劣りません。色々な仲間を作っておくことを強くお勧めします。

関連記事として「セミリタイアする前にしたこと(お金編)」もあります。よろしければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました