セミリタイア生活と節約(食費、家賃、散髪代編)

セミリタイア生活

資産運用をしているとはいえ、確実な収入は無くなっていますし、何も考えずに浪費をしていればどこかで破綻をきたしてしまいます。取り合えずサラリーマンを辞めた後に行った節約とその効果をまとめておきます。

王道。食費をカット!

前にちょろっと書きましたが、私はセミリタイアする前に家計簿をつけ始め、自分が何にどの位お金を使っているか細かく把握することに努めました。その中で最初に目を引いたのはやはり食費。当時は昼食は外食、夜はコンビニで何か買って食べるという生活でしたから月に7~8万円使っていました。元々自炊は好きですし、苦にもならないのですぐ3食自炊に切り替えました。

生活コストを見直すときって最初に食費を削るよね!

この人の場合、元がひどいから削りがいがありそうね

たまにしか作らない、しかも一人分の自炊って材料余らせちゃったりしてあまり安くならないイメージを持ってる人もいると思います。でも、毎日3食作ると材料を余らすことは基本無くなりますし、やはり安くなります。現在は目一杯切り詰めてる訳ではなく、食べたいものを食べてるんですが、平均すると月に4万円前後ですね(ネットとかでみるとこれでもまだ使い過ぎのような気もします)。ちなみにお米を消費するスピードがかなり上がってびっくりしました。

生活費の中の最大コスト、家賃をカット!

私はサラリーマンの時は都心の交通の便の良い所に住んでいました。ただし家賃は会社の同僚や知人など誰に話しても”高い”と言われるほどでした。通勤するのには最適な物件だったのですが、日当たりも悪く、空気も汚いので、通勤しないならむしろ最悪な物件でもありました。これを少し郊外の日当たりの良い、周りには緑がたくさんある所に引っ越しました。ちなみに無職になってからの引っ越しでしたのである程度苦労はしました(断られることも多いです)。

都心のマンションって賃料が凄く高いね。

でも、通勤に便利ってこと以外にメリットは乏しいよね。

だからこの人も郊外に引っ越したんだって。でも、無職になってから家を探したから苦労したみたい。

予め引っ越す予定が分かってるなら会社員のステータスがある内にしておいた方が楽よ。

この引っ越しで家賃は月に約7万円程低下しました。また、意外な節約効果もありました。単純に比較するのは難しいとは思いますが、郊外で日当たりが良いので洗濯物はベランダに干せます(前の所は浴室乾燥機オンリー)。真冬でも暖房付けようかな?という日は数えるほどでした。これにより光熱費が月に4千円程安くなりました。というか前の家の電気代ってなんで月に17,000円とかしていたのかいまだに理解できてません。考えられるのは上に書いた浴室乾燥機なんですがそんなに電力消費するものなんですかね?

誰でもできるわけではないでしょうが、散髪代をカット!

お洒落な人は男の人でも美容院ですかね?私はお洒落ではないので理髪店を利用していました。月に1回で4千円でした。引っ越しをしたので、新しくなじみの床屋さんを作る必要がでたのですが、なんとも面倒くさい。髪もさっぱり短くしようと思っていたのも合わさって、セルフカットに変えました。

バリカン代5,500円也。既に1年以上床屋さんには行っていません。まぁ完璧にカットはできませんが、誰に見みられるわけでもないし、そこいらのおっさんの髪型が多少変でも問題はないでしょう(慣れれば自分で見て変って状態になることはありません)。

ちなみに、自分でもやってみようかな?と思われたら絶対に充電式(コードレス)のバリカンをお勧めします。何故ならお風呂場で切ったほうが楽だからです(すぐシャワー浴びれますし)。お風呂場って電源無いですよね?

思いついたときに(髭を剃る感覚で)すぐ髪を切れるのも魅力だね。

現在の生活費は大体28万円

上記の節約の他、サラリーマンを辞めることに伴ってかからなくなったコストや逆にかかるようになったコスト(国民年金や健康保険料)を全部ひっくるめると現在大体月28万円位の生活費が出ていってるといった感じです(今年の住民税はまだいくらか分からないので含めていません。ほとんどゼロだと思いますが)。また健康保険料は来年になると更に3万円程安くなるはずなので、最終的には25万円程で落ち着くのかな?と推定しています。なお、この金額には家電製品の購入とか、旅行など不定期に発生する大型コストは含んでいません。

この位の金額を投資(特にインカム収入)によって稼げると精神的に楽になるんですがね~低金利の世の中ですからどうしても株のキャピタルゲインを狙うことになり、損益が上下に振れることになりますね。

独り者ならまだ削れるんじゃない?

コメント

タイトルとURLをコピーしました