スポンサーリンク

【体感】筋トレして体温(平熱)が上がると得をすること

健康管理
スポンサーリンク

以前、私が日頃測っている体重や体脂肪率、体温などのデータから「筋トレして筋肉量が増えると体温(平熱)が上がる」といったことを書きました。ただ、体温が上がるとどうなるのか?何か得することがあるのか?という点ではあまり具体的なことが書けないでいました。今回はその辺りについて書いていこうと思います。

体温(平熱)が上がって得をすること

以前私は、筋トレをして筋肉量が増えると体温(平熱)が上がるという記事を書きました。ただ、体温(平熱)が上がるとどうなるのか?という事については余り書くことが出来ませんでした。

というのも、元々は「基礎代謝が上がって痩せやすくなる」とか、「免疫力が上がる」なんてことを書こうと思っていたのですが、どうにも言い切るには材料が足らなかったんですよね。

ただ、季節が冬になり、体温(平熱)が上がることによって得られるメリットをいくつか見つけることが出来ました。

この記事では「筋トレをして筋肉量が増えると体温(平熱)が上がる」のは事実として話を進めていきます。

ちなみにこの記事は以下の記事の続きになります。

体温が上がることによるメリット(一般的に言われていること)

最初に一般論を書いておきます。

正しいのかもしれないけど、体感することは出来ないものよ。

基礎代謝が上がり、痩せやすくなる?

基本的に体温(平熱)が上がるということは、四六時中余計に燃料を燃やしているということですから、基礎代謝は上がっているといえます。

ただ、データを調べてみると、筋肉1kg当たりの基礎代謝はたったの13kcalです

筋肉が増えると肝臓や腎臓、心臓といった代謝が非常に大きな組織も大きくなる傾向があるようで、それらも含めると筋肉が1kg増えると基礎代謝は50kcal増えるとも言われています(出所:国立健康・栄養研究所)。

なので、「筋肉を増やして基礎代謝を上げれば痩せやすくなる」というのは事実ではあるのでしょうが、その効果はかなり小さいと言えます。

多めに見積もっても筋肉1kg増やして増加する基礎代謝はたったの50kcal・・・

筋肉って筋トレを始めたばかりの時は結構増えるみたいだけど、基本的に年間で4kg増えれば上等って感じのものよ(女性はもっと少ない)。

免疫力が高まり、病気になりにくくなる?

「筋トレをして体温が上がると免疫力が高まる」これも巷では結構いわれていますね。でも、調べてみるとあまりちゃんとした裏付けはないようです。

そしてその反対意見も山のように出てきたりします(その辺りは以前の記事に書きましたのでご参照ください)。

少なくとも体感できるようなものではありません。

体温が上がることによるメリット(私が体感していること)

ここからが実際私が体感していることです。

何故今気付いたかというと、「冬」という季節が関係します。

寒くても薄着でOK

単純に考えて、体温(平熱)が高くなると、いつもポカポカしていると思いませんか?

ポカポカとまで言うと若干オーバーですが、ふと気付くと、筋トレし始めてから私は結構冬でも薄着でいることが多いような気がします。

<その他の客観的事実>

  • 筋トレ系Youtuber等は冬でもシャツ一枚で外出していることが多い
  • 外国人(多くは日本人よりがっしりしている)は冬でも薄着である人が多い

街中で「寒くないの?」って思う薄着の人ってがっしりしている人が多くないですか?

そういえば私は去年の冬に家の暖房を入れたのは5、6回くらいだった気がします(今年はまだ1度も付けていません)。

去年暖房を付けなかったのは日当たりが良い家に引っ越したからだと思っていましたが・・・

筋トレが光熱費の節約になってるのかもね。

トイレが節電できる

上と似たような話なんですが、私は2011年の大震災以来、節電の為にトイレの便座の保温機能はずっとオフにしています。こうすると、真冬は結構ヒヤッとしますよね。

思い起こすとここ数年、このヒヤッとする感覚が薄れている気がします(慣れただけかもしれませんが)。また、最近は洗浄用の水の加温も切っていますが全然平気です。

これも筋トレの成果?

とてつもなく脱線しますが・・・

シャワートイレって結構電気を使ってるって知っていますか?ざっくり電気代が月に300~400円程度かかるらしいです(それ故に2011年の大震災の後の省エネでトイレの電源を切りましょうなんて話があったんです)。

ちなみにシャワートイレの方式は大きく分けると2つあって、常にお湯を溜めて保温している「貯湯式」と、その時々でお湯を沸かす「瞬間式」があります。「貯湯式」は常に保温している為、電気代が余計にかかります(「瞬間式」は値段が高かったりします)。

結構盛大に脱線したわね。

寝つきが良くなる

冬場って布団に入る時、布団が冷たくてしばらく寝られないってことがありますよね?

私は2年前までウォーターベッドを使っていた為、常に暖かかったのでこういった感覚を忘れていました。去年からウォーターベッドを止め、畳ベッドに普通の敷布団と掛布団という形態に変えたのですが、それでも「布団が冷たくて寝られない」という感覚は戻ってきませんでした。

これも体温(平熱)が上がったためでしょうか?そのお陰で、寝つきは非常に良いんですよね。

当然手足の先が冷たくて寝られないなんて感覚もありません。

冷え性?何それ美味しいの?っていう感じよ。

地味ですが嬉しい効能じゃないでしょうか?

以上が私が「体感」する、筋トレをして筋肉量が増えて体温(平熱)が上がったことによるメリットです。

他の要因が絡んでいるのかもしれませんが、これらは実際「体感」できているので「免疫力が上がる云々」より具体的で嬉しい効能です。

今現在、冷え性で苦しんでいる女性が、筋トレをしたらそれが治るのか?といったことは流石に分かりません。

あくまでも私が「体感」したお話という事で・・・

★★★最後まで読んで頂き、ありがとうございます。この記事が役に立った、面白かったと思われたらランキングに投票をお願いします。★★★

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康管理
いけるか!?40後半からのセミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました