【プロテイン】やっぱり飲むと違う!?

スポンサーリンク
健康管理

筋トレをしていると(一部の人は)当たり前のように飲むプロテイン。しかしプロテインを始め様々なサプリメントってその効果を体感できるものは少ないんですよね。そんなわけで色々な理由を付けてここ数カ月はプロテインを飲んでいなかったのですが、ちょっと体に異変が起こりました。今回はそんなプロテインのお話です。

筋肉痛とプロテインの関係

最初に断っておきますが、以下のお話は自分の体感上の話であり、試行回数も少ないし、しっかりとしたエビデンスもありません。

ただ、筋トレしている人には興味深い話かもしれないから紹介するわね。

プロテインを飲んでいると筋肉痛が緩和される!?

最初に結論を書いておきます。

あくまでも私の体感上の話ですが、プロテインを飲むと筋トレによる筋肉痛の程度が緩和され、治りが早くなる・・・ような気がします。

最近これを体感してからネットで検索しましたが、明確なエビデンスは無いみたいです。だから誰にでも当てはまるのかは全く自信がありません。

この辺を体感した経緯について以下に書いていくわね。

プロテインってコスパ悪い?

筋トレって始めた頃はどんどん持ち上げられる重量が上がって来るし、3カ月もすると体つきも変わって来るしで、筋肉が付いてくるのがよく分かるんですよね。

なので筋トレ自体が楽しいし、合わせて行う食事管理も一生懸命になったりするんです。

食事管理の中には「プロテインを取る」ことも含まれます。食事管理をしっかりしてる間は甘いものも滅多に食べませんから、プロテインが唯一の甘味になるので飲むのが楽しみだったりもします。

そうこうしている内にプロテインを飲むことは半ば当たり前のことになって来るんですよね。

家計簿を見返すと、これまでは平均すると年間15kg程のプロテインを取っていたみたいね。

1年間につく筋肉の量は?

私はある程度の体形維持が出来れば良いかな?という感じで筋トレをしていますから、限界まで追い込むようなトレーニングは滅多にしません。なので3年程経過した今ではほぼ筋肉の量は変わらなくなってきています。

少なくとも家庭用の体組成計で計測する限り、ここ1年でついた筋肉の量は1kg位ということになります(そもそも筋トレ3年目位だと1年間に3kg付けばかなり頑張った方というものらしいです)。

1kgの筋肉を付けるのに飲んだプロテインが15kg・・・

なんか勿体ない気がするわね。

粗末な食事でムキムキになれる!?プリズナートレーニング

一時期話題になった「プリズナートレーニング」。ちなみに私は読んでいません。

映画の中だけの話なのかもしれませんが、確かにアメリカの刑務所にいる囚人ってムキムキの人が多いイメージですよね。刑務所ですから食事は粗末でしょうし、もしかしたら栄養って取らないなら取らないで食事から効率よく消化吸収するように体が変わって来るものなのかな?といったことが頭に浮かびました。

まぁアメリカでは刑務所内で売ってたり、外部からの差し入れでプロテインを飲んでるのかも知れませんが・・・

もしかしたらプロテインなんて飲まなくても筋肉はつくんじゃない?と思えるお話ですよね。

プロテインって結構高い!

私が買っているプロテインは1kgで3千円ちょいって所で、比較的安価な部類だと思います。

でも1年で15kgですから月に約4千円は使ってるんですよね。

まぁ筋トレは趣味ですし、趣味での出費と考えれば月4千円って安いものかもしれません。ただ、サプリメントって「栄養補助食品」ですからね~

食費と考えると月4千円は大きいんですよね。

現在私の食費が平均34,000円位なので、プロテインを加えると38,000円になります。食費は何となく3万円位にまとめたいな~と考えている所なのでプロテインのコストは悩ましい所ではあるんです。

プロテインを飲むのを止めてみた!

世の中には様々なサプリメントがありますが、飲んでその効果が体感できるものってほとんど無いと思います。プロテインも同様です。

プロテインを飲み始めた頃は筋トレを始めたばかりの頃なので、ある程度「ノリ」のようなもので「筋トレするならプロテインは飲むのが当たり前でしょう」という感じで飲み始めました。

ただ、当然プロテインの効果を感じたことは何一つありませんでした。

そんなこんなで「プロテインってコスパ悪そうだな」と考えるようになり、今年に入ってからはほとんど飲まなくなりました。

飲んで効果が体感できなかったんだから、止めても体感できるデメリットは無かったんでしょ?

ところがあったんだよね。

筋肉痛が痛い!

それなりの負荷の筋トレをすれば当然のように「筋肉痛」になります。

私の場合、目一杯追い込んでいないとはいえ、1週間を通じて体のどこかしらに筋肉痛があるのが普通といった感じです。なので多少の筋肉痛は慣れっこで、特に気になることもありません。

ところが、最近妙に激しい筋肉痛に襲われることが増えました。しかも普段なら痛いのは1,2日間位なのに妙に長く続くんですよね。

特にスクワットをした次の日のお尻(大殿筋)と裏もも(ハムストリングス)の筋肉痛は日常生活に支障をきたすほどの痛みが5,6日続くことが多くなりました(トレーニング自体は以前とほぼ同じ内容にもかかわらずです)。

加齢のせいだろうか?と思わなくも無かったのですが、周りの70代の筋トレ仲間に聞いてもそんなことは無いと言われました。

他に原因があるのかもと考えているとピンとくるものがありました。

プロテインね(前振り長っ)

久しぶりにプロテインを飲んでみると・・・?

既に我が家にはプロテインが無くなって久しかったので、急遽通販で購入しました。

どうせなら最近酷い脚の筋肉痛がどうなるのか実験してみようと思い、脚のトレーニングの日から飲むことにしました。

そして脚のトレーニングの日。いつもと同じようにスクワットを開始。これくらいやると次の日の筋肉痛が酷くなるという感触は大体分かるので、それをやや超える負荷で久しぶりに追い込んでみました(これまでの経験上かなり激しい筋肉痛になると思われる負荷です)。

そして家に帰ってすぐと、夕食の後にプロテインを飲んでみました。ちなみに夕方には足の筋肉が張っていて、明らかに翌日には筋肉痛になる気配が満々です。

翌朝、起きてみると当然のようにお尻ともも裏は筋肉痛になっていました。ただ、その程度はかなり軽く、気になる程でもないといった状態でした。朝起きた時はそれ程でもないのに、昼頃(トレーニングの24時間後あたり)に痛くなってくることも多いのですが、その日はそんな事も無く、そのまま2日目には筋肉痛が治っていました(当日も朝、昼、晩にプロテインを飲んでいます)。

もしかしたら、これまでずっと飲んでいた期間もこうして筋肉痛の症状を軽減する効果を享受していたのかも知れませんね。

他の要因が重なったのかも知れませんが、私としてはプロテインの効果が「体感」できたと感じました。

試行回数が少ないから誰にでも起こる現象なのかは分からないけど、筋肉痛が酷い人は試してみるのも良いかもしれないわよ。

コメント