【実験】アンチウィルスソフトは不要なの?

セミリタイア生活
スポンサーリンク

私の様にある程度以上の年齢の人だとPCに(有償の)アンチウィルスソフトは必要不可欠のものという認識の人が多いのではないかと思います。でも、最近はアンチウィルスソフトが何かを発見することは稀ですし、逆に画面上にやたらと自己主張してきて邪魔くさい時すらあります。ということで実験も兼ねてアンインストールしてみることにしました。

PCにアンチウィルスソフトは必須!?

PCにアンチウィルスソフトってインストールする必要あるの?

必要はあると思うけど、必ずしも有料である必要は無いのかもね。

<後日追記>

何をもって安全・安心というかは人によると思いますが、有料のアンチウィルスソフトを削除してから2か月間では目に見える被害というものは一切ありませんでした(Windows Defenderがウィルスを発見したということもありません)。

昔はコンピュータウィルスが身近だった!?

私が社会人になった頃(約30年前)はようやく会社でPCが一人一人に貸与されるようになった頃でした(大手のエンジニアリング会社だったので一般よりは相当早かったと思います)。

その頃はインターネットの世界もかなり混沌としていて、ちょっとネットサーフィンするだけでウィルスに感染することが多かった気がします。

それ故にアンチウィルスソフトの必要性を過剰に考えている人も多いと思います。

昔はネットしてるとアンチウィルスソフトがしょっちゅう反応したもんね。

会社で遭遇したコンピュータウィルスの思い出

私が新卒で入社した会社では、世間でもかなり早い段階で設計を全てPCに移行していました。また、社内文書の管理もPCで行われていました(PCと呼ばれていましたが、まだまだパーソナルでは無かった時代です)。

凄い会社だな~なんて若かった私は誇らしく思ったものですが、入社して早々に一部の部署がウィルス感染して業務が1週間ぐらい止まったなんて聞いた時は唖然としましたね~(しかもその後も何度かあったんですよね)

それから何年か経った後ですが、今思い出すと笑えるウィルスに遭遇したこともありました。

そのウィルスは感染すると、PC内のアドレス帳の宛先にランダムで「う〇こ」とか「ち〇こ」といった表題のメールを送り付けるというものでした。しかもそのメールがご丁寧に「送信済みフォルダ」に残るという仕様でした。

「そういう質の悪いウィルスがあるから気を付けるように」という社内アナウンスがあった直後に奇声を上げた同僚が何人かいました(笑)

社長あてに「う〇こ」って送ってる!!!

お客さんじゃなくて良かったわね。

家で遭遇したコンピュータウィルスの思い出

個人(家)では当時PCそのものが高価だったこともあり、若くてお金が無かった私はアンチウィルスソフトを入れずに使っていました。

ちなみに上に書いた会社の話はアンチウィルスソフトが入っていたPCのお話です。なので入っていない家のPCの方はもっと過酷な環境にありました。

ある日、ふとPCをみたら映っていた画面がまるでスクリーンセーバーの様に崩れ落ちていって電源が落ち、復旧できなくなったなんてこともありました。

また、ウィルス感染した友人・知人からウィルスが添付されたメールが送られてきたりもしましたね~(その添付ファイルを開けると花火が打ちあがるCGが再生され、私も感染しました)。

そんな感じで結構気を付けていたつもりでも、実際ウィルスに感染することは少なくありませんでした。

そんな経緯もあってPCに(有償の)アンチウィルスソフトは必須という意識が強くなりました(昔はあっても感染しましたけどね)。

この頃にPCを使っていた人はそんな感覚の人が多いんじゃない?

何時頃から?ウィルス発見の報を見なくなった

そんなこんなである程度お金に余裕が出てきてからは家のPCにもアンチウィルスソフトは入れるようになりました。

で、昔はネットサーフィンしているときや、メールを見る時(特に知らないアドレスから送られてきたメール)によくアンチウィルスソフトが反応していました。

それが普通という感覚があったのですが・・・

ふと考えると最近(というかここ数年?十数年?)そんなことになった記憶が一切ありません。

調べてみるとGoogle等がスキャンしてウィルスがいるようなHPは検索結果に出さないよう弾いているので、普通にネットを使っているだけだとウィルスに遭遇することは少なくなってきているようです。

もしかしてお金を出してまでアンチウィルスソフトを導入する必要はないの?

自己主張が激しい!?最近のアンチウィルスソフト

私の様にアンチウィルスソフトの必要性に疑義を持ち始めている人は増えてるのでしょうか?

そしてそういう人に対してなのか、何となく近年アンチウィルスソフトの自己主張が激しいように感じます。

私が使っていたのはウィルスバスターでしたが、画面右下にウィルススキャンの予定時刻がポップアップされたり、検査結果を表示しますか?といった画面がしょっちゅう出てきます(結果はいつも異常なし)。また様々なメールが頻繁に届きます。

あくまでも裏方のソフトなんだし、バックグラウンドで監視しているだけでいいのにやたらと主張が強く鬱陶しくなってきました。

なんか「特に成果はありませんが、私ちゃんと仕事やってます。私は必要な存在なんです。」って自己主張してるみたいです。

縁の下の力持ちとして堂々としてれば良いのに・・・(逆に要らないのかな?って考えるようになるきっかけになったわよ)

アンチウィルスソフトを消してみた!

私が使っていたウィルスバスターの契約期間は3年間でした。

で、その期間がちょうど先月末で切れることになっていました。まぁ3年で1万円ちょっとなのでそれほど高い訳でもありませんし、保険の意味で更新しても良かったのですが・・・

ちょこちょこ画面に出てくるのが邪魔くさいので打ち切ることにしました。

ちなみに契約期間が切れる数カ月前からその旨のメールが山のように届き辟易としていたのも理由の一つですね(契約期間が切れてからは、契約切れから何時間が経過しましたみたいなメールが来ます)。

しつこくされて再契約する人っているのかしら?

ちなみにブラウザだとChromeが勝手にポップアップ広告を出してきてうざいから最近Edgeに変えてます(後日追記:ポップアップ広告はChromeじゃなくてWindowsの仕業でした)。

Windowsには元々アンチウィルスソフトが備わっている!

(有償の)アンチウィルスソフトを削除するのは良いけど、ネットで買い物する時にクレジットカードの情報を入力するし、ネットバンキング、証券取引もするからやはりノーガードは危ないかな?なんて思って調べていたら、Windowsにはアンチウィルスソフト(Defender)が元々入ってるんですね。

当初はあまり評判が良くなかったようですが、最近は有償ソフトに比べても十分な能力を有しているようです(なによりバックグラウンドでの動作に専念してくれて表に出てこない所がGood)。

私の場合、普段ネットサーフィンするPCとネットバンキングなどの重要情報を入力するPCを分けていることもあり、これでいけるんじゃないかと思います。

ということで実験の意味も込めてDefender一本にすることにしました。

期間切れの2週間前位から有償ソフトの方をアンインストールして実験していますが、今の所問題はありません(あくまでも自己責任で実験しているだけで、有償ソフトのアンインストールを推奨している訳ではありません)。

そもそもPC内の重要なファイル(写真の類や家計簿など)ってネット上にバックアップしてるから、PCが感染して壊れたとしても昔に比べるとダメージ少ないのよね。

<一応注意!>

ネット銀行やネット証券の一部には、ID/PWの漏出による損害の補償にあたって、本人の自己責任について規定している企業があります。

簡単に言うとアンチウィルスソフトなどで十分なガードをしていたのにも関わらず不正利用されてしまったのなら保証しますよ。そうでなければ保証しませんよ。という規定を持っている企業があります。

それにWindows付属のDefenderが含まれるかも含めて規約は読んでおいたほうが良いと思います(私の取り引きしている所は特に規定がありませんでした)。

コメント