【断捨離準備】FF11初期時代の思い出話8

ゲーム、アニメ、映画など

既にこのシリーズも”初期時代”ではなくなりつつありますが、今回は「アトルガンの秘宝」辺りのお話です。この辺りになるとFF11に対する評価も結構分かれてくるんじゃないでしょうか?私はこの頃のFF11は何となく閉塞感が漂っていたイメージがありますね。

アトルガンの秘宝

アトルガンの秘宝は2006年4月に発売された追加ディスクの第3弾ですね。

目玉は新ジョブ(青魔道士・コルセア・からくり士)とビシージ、アサルト辺りですかね。

いつものことですが、新ジョブは最初滅茶苦茶弱くて、様子を見ながらちょっとづつ強く調整されていきますよね。

クエストの方の「アトルガンの秘宝」(ミシック入手クエスト)は当時は全く縁遠かったので印象が無かったのですが、実装されたのは2008年6月と2年以上後だったんですね。

私は確かこの頃は仕事が忙しくてあまりFF11をやっていなかったのか、あんまり思い出すことがないんですよね。後々このエリアでやったことなんかが中心になってしまいそうです。

前回までの記事

FF11のスクリーンショット

苦痛の方が多かったプロマシア・ミッションを経て、ようやく出てきた追加ディスク。いつものシュッシュオンラインはご愛敬として、どんなものだったのでしょうか?

アルザビ(ビシージ)

私はアトルガン初期の思い出はほとんど無いんですが、確かビシージだけはよくやった気がします。普通のレベリングと違って武器スキル上げもできたし、後衛なら味方NPCにケアルをし続けるだけで結構な経験値も得られましたからね。

Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

敵が街の中まで攻めてくるというのも当時新鮮でしたね。

Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ただ、登場する敵キャラが多くてPS2じゃ処理が間に合わず「敵が表示されない」、「いつの間にか死んでる」といったことがよくありました。

そんなだから参加人数に制限(100人でしたっけ?)もあり、ビシージが始まる直前だとアルザビに入れませんでしたし、アルザビに100人以上いるときに始まると超過した人数は強制的に白門に追い出されたりと何ともやるせない仕様でした。

これを書くためだけにビシージが始まるのを待っていたんですが、何日もちょろちょろログインしてやっと本日遭遇できました。

Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

参加者は10人位で、10分も経たずに撃退(笑)

当時とはプレーヤーの強さが段違いですね。

この魔笛が取られちゃうとやたら不便になるのよね。

当時は取り返すのもかなり大変だったみたいだね。

アトルガン白門

ワラーラ寺院

Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

もうほとんど記憶がありませんが、意味ありげにグルグル回ってるこれ。ミッションとかで何回かここにきてみた記憶がありますね。

ワラーラで思い出したのがこれ↓

装備革命!オプチ⇒ワラタ

Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

何時ごろからかは忘れましたが、FF初期の装備は命中プラスが付いたものが重宝されていました。

その代表格が「オプチカルハット」。結構入手難易度は高かったんですが、前衛は全員これでしたね。

それがアトルガンの頃にはヘイスト至上主義に変わってました。

そして「オプチカルハット」は「ワラーラターバン」に置き換わっていきました。

入手難易度も低かったから、前衛は全員これでしたね。

なんかファッションみたいね。

ナシュモ

Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

答えは書いちゃってますが、このSSだけでここがどこだか分かる人は、ここに何十回、何百回と足を運んだ人ですね?

昔は船でしか行けなかったとてつもない不便な街でしたね。

私もSSに写っているブルトを作るために何度も足を運びました。

アレキサンドライト終身刑・・・

フィールド&ダンジョン

Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

いつも感心していたんですが、新しい要素がでると、それを上手く使う人っていますよね。

このマーリド、戦うとチゴーを呼び出して面倒くさいからレベリングで狩る人はいませんでした。でも初期はそのチゴーだけを倒すと効率よくレベリングできたとか・・・

エジワ蘿洞

Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

エジワ蘿洞のBGMは神秘的で良いですね。

ここは実装よりずっと後にPandemonium Wardenを倒しにいった印象が強い所です。

アルザダール海底遺跡群

Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

海の底にある遺跡という設定ですが、水族館みたいですよね。

ここはワープが複雑で移動が苦手でした。

これも実装よりずっと後でサルベージに行く時よく通りましたね。

シュッシュオンラインといえばこれ!ナイズル

Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

色々な局面でシュシュオンラインは発生していましたが、私の中でシュッシュオンラインといえばナイズルでした。

アトルガンがでてしばらくした頃って、みんなやることがなくて、一つのコンテンツに人が集中しやすかった気がします。

なん十分もシュッシュして、やっと入れたと思ったらPTメンバーが離籍してたとかそんなことはしょっちゅうでしたね。

エインヘリアル

Copyright (C) 2002 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

これも追加ディスクからはかなり遅れて実装されたコンテンツですが、何度かに分けてマイブームが来たので印象深いコンテンツです。

第一次のブームはエインヘリアルが実装されてすぐ。専用LSを作って挑んだんですが、敵が強すぎてすぐに全滅っていうのを繰り返していました。

そんな中、サーバーでもかなり早期にイージスを作り上げたナイトがいて、その人だけがいつまでも生き残っていました。やっぱりレリックって凄い!って憧れたのを覚えています(そのずっと後に作りました)。

後日そのイージス持ちのナイトはネットオークションでそのキャラクターを数十万円で売ったそうな(リーダーだったんでLSは崩壊しました)。

あの頃はレアアイテムとかそれを持ったキャラが高く売れたのよね。

その後知り合いのLSに入れてもらったんですが、その頃は仕事が忙しくて時間までに帰ってくるのがやっとだったんですよね。で、ログインできてもナシュモまで行けないんですよ。上に書いた通り昔は船でしか行けませんでしたからね~

厳密には歩きでも行けたんですが、時間がかかることに違いはなかったわね。

アトルガンの思い出

アトルガンの秘宝の頃はレベルキャップもずっと75で止まっていたし、みんなナイズルとかサルベージとかメリポ位しかやってなかったような気がしますね~

私にとってはとても閉塞感が漂っていたイメージが強い時期ですね。

レベルキャップが解放される気配もなかったし、そろそろ止めるかな?なんて思ったのもこの頃ですね。

実際仕事も忙しかったからほとんど休止状態でしたけど。

でも、何だかんだで今でもアカウントがあるのよね(笑)

このシリーズも終わりが見えてきたから、そろそろFF11を止める時が近づいてきてはいるよ。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました